インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 大学院入試・研究  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大大学院の二年間を振り返る

2010 - 04/11 [Sun] - 21:32

CIMG2051_1.jpg

こんにちは.
いよいよ新生活が始まりました.
いろいろと書きたいことがあるものの,なかなか更新できていません.

3月はNY&ボストンにいき,それぞれの街を楽しみつつ,コロンビア大学
MIT,ハーバード大学,を見学し,またJAZZを聴いたりしていました.

また3月下旬は,研究の仕上げ,報告書,投稿論文の作成や,
研究室,NPO,バイト,などなどの送別会で連日の飲みwでした.
さらには直前には引越しなどで本当にバタバタしていた気がします.

さて,前置きが長くなりましたが,本エントリでは東大大学院への
すすめpart2
を記載しようと思います.これは大学院の二年間の
生活を振り返り,私自身も今までの生活とこれからの目標を新たに整理する
という目的もあります.

※東大大学院へのすすめ①はコチラ

++++++++++++
東大大学院へのすすめ②

具体的には東大の二年を通じて,以下の二点の視点から,
1)学部に所属していた某私立大学では得られなかった経験
2)東大に来て良かったこと
を以下にまとめ,それぞれ詳しく紹介したいと思います.

【コンテンツ】
1.学部に所属していた某私立大学では得られなかった経験
a)研究室のメンバーの多様性
b)国際学会の機会の多さ・旅費の完全支給
c)研究が外へ開いている

2.東大に来て良かったこと
d)就活において情報が集まる
e)優秀な同期・海外で活躍する研究者

本日のコンテンツは上記のものになり,以下でそれぞれを詳しく記載します.

1.学部に所属していた某私立大学では得られなかった経験
a)研究室のメンバーの多様性
他大と異なり,東大に顕著なのが,「研究室のメンバーの多様性」
です.多様性といっても以下の2種類ある.

①留学生が多い
②民間会社を辞め,研究室に戻ってくる方が多い

東大はおそらく留学制度も日本の他大学に比べて充実している.そのため
留学生が多くいます.私の研究室に限って言えば,中国,タイ,などの
アジアからの留学生が多い.

大学院の22歳~24歳という若い時期に,このように他の国からの留学生
と「研究」という共通の目標のもと,日々ディスカッションをできたのは
素晴らしい経験だと思う.
また研究だけでなく各国の料理を作りあい,
お互いの文化を交流できたのは素直に楽しい.

※中国からの留学生が振舞ってくれた餃子パーティー
餃子の皮も強力粉から作る

CIMG1955_1.jpg

CIMG1956_1.jpg

また,留学生だけでなく,
「民間会社を辞め,研究室に戻ってきた方」

もいらっしゃり,これまでのキャリアパスや,研究と実社会の違いなど
他では聞けない話などを聞くことができ,非常に勉強になった.

私が一番,興味を持った方は.
高校卒業→アメリカの大学の医学部に入学→化学に転科→日本の化学メーカー
→日本の商社→タイの大学院でマスターの学位を取得→東大でドクター→東大教員→4月から某企業


という方.すごいですよね.こういったキャリアパスの方にはいままでの
学部ではお会いすることはできなかっただろう.もちろん他の教員の方も
本当に魅力的である.

そして学部では出会えなかった,魅力的な研究者に出会え,始めて「研究者」を魅力的な職業として認識することができた.


b)国際学会の機会の多さ・旅費の完全支給
私はこの二年間で,国際学会に出席させていただき,素晴らしい経験を
させていただいた.

M1の国際学会
M2の国際学会

まず,国際学会で,スリランカ,シンガポール,北京に行くことが
できた.また東大は関係ないが,NPOの関係でインドに行かせていただく
などもできた.

これら上記の海外への渡航は基本的に東大から支給されるので,金銭的に
余裕がない方でも行くことができる.大学によっては私大などはこれらの
資金を自前で対応しなけばならない大学もある.そのため,大学から
渡航費が支給されるのは本当に大きいと考えている.


c)研究が外へ開いている
研究が外へ向いていることも私としては非常に重要な要素である.
特に東大は(研究室やその分野にもよるが),民間会社と共同で研究して
いることも多い.そのため,研究を通じて,他の企業の方と議論すること
も可能で,かつ研究が社会に役立っているという手ごたえを感じること
もできる.

学部にいた研究室では「本当にこの研究が社会に役立つのか」「教授の
趣味の域から出ていないのではないか」と疑問に感じることもあった
ため,以上のように「社会に役立つ手ごたえを感じれる」ということは,
研究を行ううえで大きなモチベーションにつながった.

CIMG2058_1.jpg
※卒業式でかぶった帽子.安田講堂前にて

2.東大に来て良かったこと
東大に来てよかった点として,以下の二点が挙げられる.

d)就活において情報が集まる
サマーインターン,就職活動本番ともに東大生限定の説明会があります.
また,東大の強力なOBOGとのネットワークができ,いろいろな方の
お話しを聞く機会に恵まれます.

e)優秀な同期・海外で活躍する研究者
優秀な同期や,国際学会や国際会議などで活躍する大学教授と
出会うことができる.やはり,魅力的な方と出会うことで,
自分自身も触発され,いろいろなことを行うモチベーションに
つながる.

以上.


今後は仕事も始まったので,仕事のことも書きたいと思います.
とはいえ,まだ部屋のネットも開通していない状況ですが.

ではでは.

スポンサーサイト

東大入試:TOEFLの勉強法の紹介

2010 - 02/27 [Sat] - 17:25

ets_toefl.jpg

こんにちは.もう二月も終わりですねー.早い早い.

さて本エントリでは,大学院入学のためのTOEFLの勉強法について
書きたいと思います.以下のような質問を頂きました.ありがとうござ
います.まずそれらの質問に回答し,その後,使っていた参考書や勉強
方法をご参考までに紹介したいと思います.

※※頂いた質問※※
いつもブログ拝見させてもらってます!
自分も今年東大ロンダ計画中なのですが、TOEFLについて質問させ
てください! まず、TOEFLibtは120点満点ということですが、
貴方様は何点でしたか?また、周りの人(院試合格者)はだいたいどれ
くらい取ってましたか!?? 
次に、数ある試験科目のなかで英語(TOEFL)の比重はどれくらい
あるのでしょうか>< 
そしてなにかお勧めの問題集、参考書、単語帳など、TOEFLに関す
る情報を載せていただけないでしょうか><

修士論文お疲れ様です☆

※※※※※※

▼質問の回答
まずは頂いた質問にそれぞれ回答します.

>TOEFLibtは120点満点ということですが、貴方様は
何点でしたか?また、周りの人(院試合格者)はだいたいどれくらい
とっていましたか.


とても言えるような点ではありません...笑 大学院試験の3~4ヶ月
ぐらい前に受けたTOEFLibt は確か60ぐらいだったような笑.
今はどれくらいだろう!?
大学院試験合格者のibtの点数は,聞いたことがないので分かりませんが,
そんなに高くないと思います.英語に関しては,少なくとも80点あれば充
分すぎます.むしろ専門試験と小論文で8割~9割とることを目標にしたほう
がいいと思います.

英語(TOEFL)に関しては,ibtで点を取るように努力するよりも,スピー
キングがなく,より簡単なTOEFL-ITPで高得点を出せる訓練をするべきだと
思います.学科にもよりますが東大は事前に提出したibt の点と,当日
受けたITPの点の高いほうを英語のスコアとしてみなしてくれます.

ちなみに私はibtは完全に捨て,ITPに絞って勉強をしていました.
なぜならスピーキングがなく,ITPのほうが難易度も低いと感じたため,
短期間で得点が上がると感じたためです.ITPは550点を目標に勉強してい
ました.


>数ある試験科目のなかで英語(TOEFL)の比重はどれくらいあるのでしょうか

東大大学院の筆記試験は大半は,
1) 専門科目二科目,2) 小論文,3) TOEFL の三点です.

そのため,筆記試験が1000点満点だとすると,
私の感覚的には,以下の比重だと思います.

1) 専門科目二科目 400点満点(一科目200点)
2) 小論文 300点満点
3) TOEFL 300点満点

※あくまで私の感覚的なものなので,必要があれば調べてください.
大学のHPにも載っていると思います.また載っていなければ,直接
大学に問い合わせるのもありだと思います.


>なにかお勧めの問題集、参考書、単語帳など、TOEFLに関する
情報を載せていただけないでしょうか


▽ お勧めの問題集、参考書、単語帳
最優先はTOEFLの過去問を入手し,それを繰り返し解くことが大前提です.
過去問で9割ぐらいはとれる位まで,繰り返し解くことが重要です.
問題を見た瞬間,回答が反射的に頭に浮かぶレベル.傾向がつかめれば,
各問題の英語の表現も,所詮は過去の使いまわしに過ぎないと気が付くはずです.


過去問を最優先する理由は,参考書は,所詮は他の会社がつくった問題で,
本番の試験とは若干のずれがあることは否めないためです.そのズレが結
構大きい.過去問をやりつくしているかいないかで,同じ力を持っている
人でも20点~30点ぐらいは差が出てくるような気がします.

とはいっても,そのTOEFLの場合,TOEICと違い,過去問を入手することが
難しいのですが...汗
さて,話を戻すと私は上記に述べたように,ITPに絞って勉強していました.
そして以下の参考書を使用していました.ITP専用の参考書,あまりないで
すよね.




とくに以下の単語集「必ず覚えられるTOEFLテスト英単語3400(河野太一)」が逸品でした.
過去の大学受験のときに使っていたどの単語帳よりも良かった.



この英単語の特徴は,単語を覚えるためのさまざまな「脳みそに
単語を引っかける」要素を「フック」と呼び、語源の知識をふん
だんに盛り込んだ「フック」を収録全単語についている。英語→
英語→訳語、の順で収録された付属CDで英語が2回流れる間に訳語
を想起するテストを行う、などの学習をすることもできます.

例えば,bankrupt「破産した」を分解してbank「銀行」+rupt「破れる」
このように単語を要素に分解して,覚えると単語の語源が分かり楽しいし,
何より知らない単語に出会っても,意味を推測する力がつきます.
暗記を理屈で覚えようとする,私のスタンスにピッタリとはまる単語集
でした.

▼ TOEFLの勉強法

以下で,TOEFLの勉強法を紹介したいと思います.
基本的には語学は”単語力”だと思っているので,英語も勉強時間の
大半を単語の学習にあてました.また,単語にあてることで読解のス
ピードも格段にのび,英語力を養うことができました.

よって、単語に重点を置いた勉強法は間違っていなかったと思います.
そのため,皆様も単語力を養うことに重点をおき,勉強されると効率
的かと思います.

【英単語の勉強法】
以下の点に注意して,単語を暗記していました.当たり前といえば当
たり前ですが...

1) 同じ意味の単語をグルーピングして暗記

2)単語を勉強すると同時にリスニングとリーディング力を蓄える
・ 本で,「視覚から意味を覚えているかチェック」
一単語を5秒でさっと見て,すぐに意味が頭に浮かぶかチェックしていました.
大体60分で,500語以上の単語に目を通せます.これをひたすら毎日繰り返す
ことで,反復による脳への定着をはかりました.時には,山手線に無駄に一周
乗りずっと英単語を勉強していましたw

・ 付属CDで聞いた単語を,即意味が分かるかチェック.
「リスニングから意味を覚えているかチェック」

CDで単語を聞いて,すぐに日本語が頭に浮かぶか確認していました.
すぐに頭に浮かばなかったものは,後で単語帳にチェックをいれ,
暗記をし直す.これは通学時に歩いている時間に聞いていました.
移動時間を有効活用するかがカギです.

3)英単語を覚えるのではなく,理解する
・ 英単語の成り立ちを構造的に理解する
例えば,bankrupt「破産した」を分解して,bank「銀行」+rupt「破れる」
このように単語を要素に分解して,覚える
・ 英単語をイメージでとらえる:
例えば,leaveは「去る,退く,出発する」などの意味があるが,
「対象からものが離れる」というイメージのみつかんでおけば対応できます.


【英文法・長文の勉強法】
上記で紹介した本を四週ぐらい繰り返しました.これらの本はほぼ9割以上
はできるようになっていたと思います.どうしてもできるようにならない
問題は,別途ノートにまとめ,最後のほうはそのまとめたノートに絞って
勉強していました.


以上です.
また何か質問ございましたら連絡ください.

研究という山登り

2009 - 12/19 [Sat] - 14:51

こんにちは。
最近、以下の本を読み直している。友人から薦められ、購入した本。
読み始めたら止まらない。この本を夢中になって読んでしまうのは、
「学生」という期間が終わってしまう著者の心境と、自分とを重ね
合わせているからだろうか。




++++++++++++++++++++++++++++

ご来光


▼研究という山登り

先日、指導教官と研究の打ち合わせをしていて、ふと思った。
「研究って山登りに似ているな。」と。

ゴールが見えないときは、正直研究はしんどい。また求めたい結果を出すために
いろいろなアプローチを試みる。そして次第に研究のゴールが見えてくると、
研究も面白く感じてくる。

「どのように成果をまとめるか」、「この研究がいったいどの程度社会に
インパクトをもたらすことができるのだろうか」考えは尽きないし、この考える
プロセスが面白くなってくる。

この心境はひたすら頂上を目指して山を登る心境に似ている。
頂上が見えないときは歩いているのが非常につらい。また頂上を目指して、
いろいろなルートを考える。そして頂上が見えてくると、頂上の景色はどうだろう、
何が見えるのだろう、と考えワクワクしてくる
そんな心境に似ている気がする。そういえば富士山頂上からみるご来光は最高
だったなぁ。



DSC_0びえい木094

▽大学院の二年間
大学院の生活も終わりに近づいたので、社会にでるまえに
今までの二年間を簡単に振り返ってみた。(単なる日記ですw)

【修士一年次】
大学に入学当初は、研究の意味を分からず、またゴールも分からずに、
ひたすら目の前にある「解析」をこなしていた気がする。ゴールが見えないなかで
作業していくのは、なかなかタフで正直、研究を面白いと思ったことは一度もなかった。
また教授を筆頭に、自分の研究チームの助教や、ドクターの先輩方の優秀さと
自分を比較し、落ち込むこともよくあったと思う。

そんななか、ストレスの発散は極真空手だった。7月に関東大会にも出場した。

そうこうしている内に、大学一年の秋を向かえ、国際学会のために研究の成果を論文,
パワーポイントにまとめる時期になった。
正直、そのときは現在の研究に対して理解も浅はかで(今もそうだけど)、
先輩にひたすら質問していたと思う(すいません)。

そして、その国際学会が終わり、シンクタンクでバイトを開始。また就活に突入。。。


【修士二年次】
修士二年になってから、前期は就活が終わった余韻で旅行に行きつつも、
週一回の研究のミーティングでバタバタしていた気がする。
また6月ごろに学生主体で運営する、学生だけの学会「学生フォーラム」
の運営に関わった。いままで自分でこのような大きなイベントを運営した経験が
なかったのだが、この経験を通じて仲間たちと一つのことをやり遂げることの
面白さを学んだ。

修士二年の後期からは研究のミーティングに加え、秋の北京での国際学会
準備・発表、国際協力系NPO”U-Lead”の団体の立ち上げ及びイベントの準備
に追われる日々であった。またNPO関係でインドの農村にも行かせていただいた。
+++++++

以上のようなことを書いてしまうのも、U-Leadのイベントが一段落し、
また研究も終盤を迎え、学生生活の終わりが近づいているためだろう。
この生活が終わるのが寂しいな。

多くの方が社会で働いているなか、自分は平日から論文を読み、北京大から
留学してきている中国人留学生と研究について議論、研究をしている。
なんて贅沢だろうと思う。
また留学生に囲まれ、日本にいながら毎日英語を話す機会があるのも非常によい。

毎日昼休みには中国人留学生に中国語を教えてもらい、有意義に時間を使えて
いる気がする。社会人になったらお昼に上司に「謝謝」などと言おうものなら
張り倒されるな(当たり前だ)


ともあれ残り少ない学生生活、日々感謝しながら楽しみながら過ごしていこうと改めて思う。
再見(さようなら)!

北京で国際学会に出席してきた。論文賞受賞。

2009 - 11/06 [Fri] - 03:04

一週間ほど前に北京から帰国した。
今回、北京には国際学会のために行ったのだが、なんと
Student Session でBest Paper Awardを頂いてしまった!
よしよし、この調子でがんばろう。このままがんばれば、学内の修士論文の優秀賞ももらえるだろうか(よくばりすぎか)

CIMG135812.jpg

CIMG0894 - コピー


▼北京のトップエリートたち
北京には10日間ほどいたが、改めて中国の経済成長の勢いを感じ、また北京大を筆頭とする中国のエリートたちと関わり(私と同じ研究室にも北京大の学生はいて、やはり優秀)、学生のレベルの高さに脱帽した。なかでもパーティの司会をしていた北京大の学生、スマートだったな。あの英語でのウィットのきいたしゃべり、機転の利いた話、コミュニケーション能力、など驚くばかり。しかも留学経験無しの若干20歳。すごいなぁ。

++++++++
20445d176f3408ca.jpg

f5b12e9f7fb14ba4.jpg

▽北京大学を散策
もともと私の研究室で準教授をされていた先生が、今は北京大の教授であるため、そのツテを利用し北京大を案内してもらう。非常に広く、歴史ある雰囲気で、歩いているだけで頭がよくなった気分(笑)

朝は校内の大きな池の周り(上記写真)で学生が英語の音読をし、授業の始まる前の朝に英語の勉強しているらしい。確かに、いるだけで気持が落ち着き、勉強したくなるような環境である。この環境で勉強している中国のエリートたちに、はたして日本は勝てるのだろうか。正直、10年後日本は中国に負けているのだろうな、と思う。だけど負けたくないな(日本のプライド)。自分はグローバルに活躍することを目指し努力しよう、そう誓う。日本の狭い国土の中で勝負する時代は終わった。これからはこういう海外のエリートたちと勝負しなければならないんだな。


▼北京の料理
毎日のように北京ダックをたべ、中華料理を堪能する。ハズレがない。どれもおいしかった。日本円で1000円あれば、腹いっぱい&ビールも結構飲める。


次回はもっと中国語を勉強して行こう。きっと次に行くときは(5年後、10年後いつか分からないが)よりいっそう発展しているのだろう。もしかしたら、日本をぬいているかもしれない。楽しみだ。

そして、明後日からインドに一週間行ってくる予定。
いろいろと勉強してきます。またインドのこともエントリします。
では。

明日から国際学会のため、北京に行ってきます。

2009 - 10/16 [Fri] - 13:06

こんにちは。すっかり寒くなってきました。

明日から10日間、研究室恒例の国際学会のため北京に行ってきます。
ブログでいろいろと書きたいことは多いのですが、なかなか書けていないです。
あと11月に一週間ほど、インドの農村に行くことになりました。以前、行った
チャリティーイベントで集まった鉛筆を農村に届けてきます。
途上国の現状をこの目で確かめてきます。
北京、インドなどと海外に行けてうれしい限り。マイルたまるな。

またロンダの就職活動についても近々、エントリしようと思います。
タイトルは「ロンダは就活で有利か?」です。お楽しみに。

それでは行ってきます!

 | HOME |  »

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。