インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 就職活動  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフラ企業に向く人・向かない人

2014 - 01/13 [Mon] - 20:14

1024-768.jpg

インフラ企業で働いて、約4年になります。4年間働きインフラ企業に向く人と向かなそうな人がなんとなく分かってきました。本エントリでは、就活の学生さんにも参考になるかと思うので、インフラ企業に向く人・向かない人について書きました(メモ程度なので内容が薄くて申し訳ないです。時間があるときに追記予定)

【向く人】
・社会貢献(公共性が高い)したい人

社会貢献度(公共性)が高い仕事をします。また大きなプロジェクトとしては、東海ならばリニア、ネクスコ中日本なら新東名等があります。余談ですが、私も大規模プロジェクトに関わり、そのプロジェクトが終わったときにOBOGを集めたことがありますが、みんな泣いてました。

・技術力を磨きたい人(技術系の場合)

発注者として計画立案、設計から施工まで携われます。設計会社だったら設計、ゼネコンだったら施工だけしか携われません。ちなみに公務員も発注者として計画立案から施工まで携わることができます。

・地図に残る仕事がしたい人
発注者として設計、工事の発注、工事の工程・品質管理、そして精算まで関わることができます。さらには、自分の手がけた構造物が自分の死んだ後も後世に残ります。まさにやりがいとはこのことでしょう。


【向かない人】
・とにかく海外の案件を行いたい人

インフラ企業の海外案件はこれからです。現在は実績もありません。入社してすぐに海外案件をしたいのなら商社や外資系の企業、エンジニアリング会社*へ行きましょう。

*エンジニアリング会社とは、産業向けの生産設備(プラント)を施工する会社です。日揮や東洋エンジニアリングが有名。土木・建築等のエンジニアリングに関わることができ、さらに入社してすぐに海外の案件に携わることができます。給料も良く、お勧めの業界です。(BtoBの業界なので、知名度は低いですが。)私も友人も入社してすぐにインドネシアに2年間駐在になりました。
このブログが分かりやすいです。 アニキの館

・多様な価値観の中で仕事をしたい人

インフラ企業は、傾向として基本は同じような価値観の人と仕事をします。
私の会社も最近は留学生も取り始めていますが、同期で3〜4名程度です。

・スピード感をもって仕事をしたい人

インフラ企業はインフラというサービスを提供する以上、とにかく「安全」である必要があります。よって、仕事ではスピードを重視というより、時間をかけて安全を検討する必要があり、スピード感をもって仕事をすることはできません。スピード感をもとめるのであれば、変化の早いインターネット業界に行きましょう。

・とにかくお金を稼ぐのが大好きな人

金融に行きましょう。

簡単ですが、以上です。

スポンサーサイト

BCGセミナー

2013 - 01/04 [Fri] - 19:45

00images

先日BCGのセミナーに行ってきた。こういったセミナーは就活ぶり。就活から4年もたったんだ、時間の早さを痛感する。セミナーの趣旨はBCGに中途で入社した方が、自身のキャリア観について語るといったものだ。

そもそもこのセミナーを知ったのは、プライベートのメールにBCGから案内のメールが来たから。おそらく就活のときにBCGのサイトに登録していて入社2〜5年目ぐらいの人に連絡をしていたのだと思う。セミナー全体の内容は、下記の通り。

●内容
1)BCGの会社紹介
2)BCG中途入社者のパネルディスカッション
3)適性試験 (※適性試験の内容は後述します)


内容については「BCG中途入社者のパネルディスカッション」が非常に参考になった。パネリストには、大企業からBCGに入社の方や元医者の方がいて、その方のキャリア観を聞くことができた。そのキャリアになるようにBCGへの転職を決意したようだ。
まとめると以下の通り。

・30代で勝負できる環境にいたい
・専門性を突き詰めるのではなく、人間性に幅をもたせたい
・経営ノウハウを学びたい
・先が見えない環境に自分を置くことで、毎日を楽しみたい


どれも私がいつも求めていることで、とても共感できた。また各コンサルタントの方にすっかり魅了されてしまった。コンサルタントの独特のエスタブリッシュな雰囲気、視野の広さ、プロとしての自覚。「こんな人たちに囲まれて仕事ができたら、幸せだろうな」自然とこう思ってしまった。

そして話がロジカルで分かりやすい。って当たり前か。BCGは、もともと優秀な人が一流の環境で歯を食いしばって努力をしている、そんな環境だろう。こういう現実を知ると、BCGの方やBCGの卒業生が各方面で活躍しているのも当たり前だと思える。

20代はエンジニアとして技術を磨こうと思っているので、転職は考えていないけど、将来はコンサルタントの世界に行くのも素敵だな、なんて思った。実行に移すかどうかは別問題としても。

●適性試験の内容
さて、適性試験を通過すると次は面接。面接は別日程。
適性試験の内容はSPIで非言語40分のみ。言語は省略されていた。
BCGとしては、頭の回転や計算の速さを見たいのだろう。
対策本としては、下記の非言語の部分をやっておけば対応できます。
本と同じような問題が出題されていた。8割程度できれば合格でしょうか。

ケース問題は出ませんでした。





時間があれば、公務員試験用の判断推理もオススメです。


以上です。

地域開発に携わるなら官公庁と民間どちらがいいか

2012 - 12/15 [Sat] - 23:03

jigyourei.jpg

ご質問を頂きましたので、回答いたします。ご質問ありがとうございました。

****
はじめまして。私は地域開発に関心のある学部3年生です。
街づくり、沿線開発、交通開発、観光開発、農業開発、電力開発など地域を変えていけるような大きなプロジェクトに携わっていきたいと考えています。
ただ、自分のやりたいことができるのは官民どちらなのか悩んでいます。といっても、民間就活をするつもりで今年の6月頃から現在まで至っていま す。自分は実際に直接そのようなプロジェクトを実行していくような仕事がしたいと思っています。役所の一番の仕事は制度づくりだと以前省庁の方からうか がったので、実際にプロジェクトを行うのは民間だと考えていたのですが、先日君のやりたいことは行政向きかもねと言われて不安に感じています。実際にイン フラ企業に勤めていて、地域を動かすようなプロジェクトを実際に行うことがきるのは官と民どちらだと思いますか。

*****

あくまで私の主観であることを念頭に回答いたします。

結論から言うと、官と民どちらでも出来ると思います。
ただし官と民の大きな違いは、官は街づくり、沿線開発、交通開発、観光開発、農業開発、電力開発などジョブローテーションによって様々な分野の開発に関われることができることに対し、民間は鉄道なら鉄道、道路なら道路など、特定の分野からビジネスを展開していくといった特徴があります。様々な分野の開発に関わりたいなら官、特定の分野から事業に関わりたいなら民間を選ぶとよいかと思います。

もう少し具体的にそれぞれの立場について記載します。

○官公庁の立場
官といっても、省庁、県庁、市役所などがあります。
それぞれの役割分担をまとめると以下のようになります。

・省庁:制度づくり
・県庁・市役所:省庁が決めた制度をもとにプロジェクトを実行


確かに省庁の場合は制度づくりが多く、実際に直接プロジェクトを推進していく機会は少ないかと思います。一方で、県庁や市役所は省庁よりも地域の住民の方と密着し、実際にプロジェクトを動かして行く機会は多いでしょう。
実際に私も今のプロジェクトで、市役所や省庁等の方と共同で事業を動かしていますが、市役所の方のほうが地域に密着し、地域のことを考えながら仕事を進めている印象を受けます。

○民間
民間は、それぞれの分野からB/C(コストに対してどれだけリターンを得られるか)を算出し、リターンが多いと判断すれば事業を行います。例えばインフラ企業の場合、投資がインフラであるため、非常に大きな金額を動かすことになります。私の場合は、数百億の事業を動かしています。
そしてプロジェクトを実行する際には、官公庁と協議し許可をもらい、官公庁や地元の住民の方と協力しながら事業を動かしていくことになります。大きな金額を動かし、協議先も多岐にわたるため、プレッシャーや事業をマネジメントするのが大変ですが、実際に事業を動かしている実感を感じることができます。

余談ですが、私も就職活動時期には、官公庁か民間か非常に悩みました。民間にした最終的な決め手は、インターンシップに行き、民間のほうが実際に事業を動かしている実感を感じることができ、エンジニアとしてインフラづくりに関わりその醍醐味を味わえると思ったからです。

○最後に
あとはインターンシップで社員の雰囲気のあうところや、ご自身のワークライフバランス(残業時間がどれくらい、転勤の有無など)などを考えてご検討されると良いかと思います。

以上です。
また何かありましたらご連絡ください。

【就活】面接のアドバイス

2012 - 02/13 [Mon] - 19:31

20110113125446.jpg

こんばんは。就活生のアクセスも増えているので(多分)、今回は久々に就活関連のエントリをします。以下の内容は、私が就活で感じたことや、採用を担当しているOBに教えて頂いたことをまとめたものです。OBに教えてもらったことをブログにアップするのは正直気が引けますが、3年も前なので時効でしょう。

。。。。。。。。

▽ 面接のアドバイス
以下、三点で構成します。

1. 話し方のアドバイス
2. 相手に納得させるための3つのテクニック
3. 面接の話のネタの作り方


それぞれ説明します。


1. 話し方のアドバイス
質問されて答えるときは、以下3点を参考にしてみてください。

   a)まず結論(質問の答え)を言う
 たとえば、「なにかを成し遂げた経験は?」と聞かれて説明する場合、「…をして、目的は…で…、最終的に…を成し遂げました」と説明しないでください。
「…を成し遂げました」と端的に言ってください。「ほうほう、どういうこと?」と思います。
志望動機も同様です。唐突でかまわないので、全て「…だからです。どういうことかと言うと…」と答えてみてください。

利点は2つあります。

・相手が聞きやすいので理解してもらえる。
・相手の質問に対してきちんと回答したことを相手に伝えられる、自分でも確認できる


特に2点目が大きな利点です。相手の質問に対して、答えになってないことを長々話す人が本当に、本当に多いです。

  b) 質問の答えが複数ある場合は何個あるか言う
 たとえば、「なぜ当社?」と聞かれたら
「それは理由が2つあります、1つ目はなぜ当業界かということで、それは…、2つ目はその中でなぜ当社かということで、それは…」としてみてください。相手はまず始めに理由が複数あることが認識できます。いつまで続くか分からず、長いこと聞いていると何がなんだか分からなくなることが多いです。
a)の「結論から言う」と併せると、
 「それは理由が2つあります、1つ目は…だからです、どういうことかと言うと…、2つ目は…だからです、どういうことかと言うと…」になります。同じ内容でも聞いてるほうの理解度は全く変わります。

  c) 質問の裏の意味を察して答える
 面接官は何かシートを持って、チェックしながら面接をしてますよね。あれ、どの企業でも評価観点が書いてあって、それぞれ数字で出してます。どういうことかというと、コミュニケーション能力、積極性、リーダシップとか観点が書いてあって、それぞれ5段階ぐらいで評価してます。
そのシートを持って質問をするのは、学生の経験談を聞いて、それぞれの評価をしてるためです。面接官がリーダシップがあるか知りたいなと思って、リーダシップをとった経験は?と聞いてくることは稀です。

 一個目の質問もそうですが、「力を入れたことは?」と聞いてきたら、面接官が知りたいのは「どんな強みがありますか?その答えを力を入れた経験で裏づけして答えてください」です。かといって「力を入れたことは?」という質問に「自分の強みは…」と答えるのは、もちろんだめです。コミュニケーション能力の評価が下がります。

 例えば、A君の「力を入れたこと」を面接で伝えれば、コミュニケーション能力、リーダシップ、積極性、推進力、積極性…といろいろ評価されます。

 以上3つは学校のプレゼンでも、教授と話すときでもちょっと複雑な会話の基本になるはずです。


2. 相手に納得させるための3つのテクニック 

→特に重要。これはESを書く際にも意識したほうが良い。

  a)必ず経験(裏づけ)を話す 
 志望動機でも、自己アピールでも、そうしたいことやそうであることの裏づけとなる経験を話してください。そうしたいことやそうであることを裏づけなしで話すと「ヘえ」としか思いません。裏づけ(経験)があると「なるほど」に変わります。なので、裏付けとなる経験を10個程度ストックしておくと、面接も焦らずにスムーズに返答できます。

  b)数字を出す
 数字が出てくるだけで凄みが増します。また、話が具体的になるため納得感も高まります。「優勝しました」と「700人もいる中で優勝しました」、「かなりがんばって」と「8ヶ月ずっとがんばって」では全く違いますが、言わないと伝わりません。
 もっと言うと、数字なんていくらでも異なった印象で伝えられます。「10人中1位」、「10%に選ばれた」、「何人もいて優勝」とか、全部本当のことを伝えていても印象が全く違うはずです。
 さらに、グラフがあるともっと盲目的に信用させられます。
数字を使うときは、もっともよく聞こえる表現が何か考えてみてください。

  c)第三者にコメントさせる
 相手は、他の人がその話を聞いてどう思ったかに流されやすいです。ある程度「そうかもね」と思っていれば流せます。さらに第3者であれば、その人の意見をその場で誰も否定できません。第3者の主観ですから。
TVCMでもこの手を多用してますよね(上記1点目、2点目もそうです)。


3.面接の話のネタの作り方
 質問を想定して多くの練習を重ねても、どのような質問が飛んでくるかは予測しきれない部分が多いと思います。
 そこで、質問に対する答えを用意するといった方法よりも、話してみたいこと、語りたいネタを10個くらい用意して、どんな質問が来ても10個のネタに結び付ける能動的に話す練習をするのをオススメします。私の場合は、以下のようなネタでした。


・建築から国土へと興味がシフトした出来事
・今後の日本に求められる社会資本について

・環境問題の解決に向けて思うこと

・リーダーシップを発揮した経験
(サークルなどの経験)
・自分が旅行を好きな理由  など


 


 この方法をやると、「自分を上手く伝えられなかった。。。」と失敗することが少なくなり、また、もし落ちたとしても、「会社が自分に合わなかったという結果で、今落ちた方が幸せだ」とポジティブに考えることができます。

。。。。。。。

以上になります。ご参考になったら幸いです。

【関連エントリ】
【書籍】就活生に勧める二冊

就活生に勧める就活本2冊

2011 - 12/11 [Sun] - 18:12

12月にもなり、就職活動が本格化してきましたね。
いまの学生さんは短期決戦で大変だと思います。時期的にはそろそろエントリーシートを準備する時期でしょうか。

さて、今回は私の就職活動の時に大変お世話になった書籍を二冊紹介したいと思います。
※2013年度版はチェックしていないので、私が読んだ2010年度版を紹介しています。若干古いですが。。。


●1.ロジカル面接術【面接対策】



この本は、面接で話すことが端的にまとめられています。面接では話すことすべてが「御社に入社したい」というメッセージにならなければいけない。その方法論をこの本で学びました。実際、東大時代に多くの友人、先輩もこの本を薦めていましたし、一読の価値ありです。


●2.絶対内定エントリーシート【ES対策】



一流企業に内定した方のエントリーシートのサンプルが載せてあります。アマゾンのレビューにもあるとおり、サンプルが優秀すぎる感は否めませんが、書き方そのものは非常に参考になります。言い回しやESの書き方、ネタの作り方は真似をしてしまいましょう。
私がエントリーシートで参考にした本は本書だけでした。
これ一冊で十分でしょう。

簡単ですが、以上になります。

 | HOME |  »

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。