インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2009年01月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/1/12~1/22の就活日記

2009 - 01/21 [Wed] - 13:27

o0607045010314272197.jpg

こんにちは。
就活も、バタバタしてきました。

自分の記録のためにも、1/12~1/22の就活を記録しておきます。

■1/13 JR東海OB訪問
研究室の先輩のツテで、紹介していただく。
ご飯食べながら、会社のこと、入社後のキャリアパスついて教えていただく。
ESも見ていただき、ちょっとした擬似面接。

やはり、会社の雰囲気・人の雰囲気・自分の興味など
自分に合っている気がします。
いい会社だなー、と思う。
志望度 高

■1/14 日系投資銀行 面談
本エントリに詳しく書きました。
後日、再度面談のメールがきました。
そのときに、辞退の話を切り出そうと思います。
どうなることやら・・・

■1/15 学内で三井不動産のセミナー @学内(接触2回目)
以前に「不動産体感セミナー」を受けたが、さらに話を聞いてみたく参加。
不動産の業務、三井不動産について、かなり理解が深まりました。
さらに話を聞きたくなったため、その後の学内懇親会に出席。

社員さんの雰囲気は「攻め」という感じの人が多い印象。
世渡りうまそうだ。
志望度UP

■1/16 清○建設懇親会 @浜松町 (接触1回目)
東京タワーが見える本社の一室で、説明会。
ありきたりなゼネコンの説明を聞いてきました。
つまらなく、途中寝そうになるが、必死にこらえる。

そもそも、人口が縮小する国内では、建設分野のマーケットそのものも
縮小するのに、今後建設業界どうするのでしょうか?
しかし、国外進出には慎重になっているらしいです。

その後、懇親会@飲み屋。
いろいろお話が伺えて、勉強になりました。
一方で、職場の上下関係がすごく厳しそうな雰囲気を感じました。
部下が上司の顔色うかがっているような・・・

こういった、昔ながらの土木の雰囲気の職場は自分には向かないだろう。
ゼネコンは受けるのやめます。

■1/19 三菱総研(MRI)内定者とメールでやり取り
バイト先で知り合った、三菱総研内定者とメールでいろいろお聞きする。
就活の面接の受け方、ESの書き方などいろいろ教えていただきました。
大変勉強になる。さすがMRI内定者という感じでした。

■1/20 NRI(コンサル)のインターン書類選考合格の知らせ
書く分量が多く、時間をかけたESだったので、合格して一安心。
テストセンターの成績がいまいち(だと思うので)、再度テストの申し込み。

あと、大学の研究に関するセミナーに参加。(文科省主催)

■1/21
・国際協力銀行(JBIC)セミナー @九段
・Bebit セミナー
・アクセンチュアES締め切り

疲れた&研究を進めたいので、全てキャンセル。
国際協力銀行は業務内容に興味があるので、また後日セミナーに参加する予定です。
できるだけ、就活にとられる時間を最小限にして、その分研究したいです。
就活ばかりしていても、何のために大学院にきたのかわかりませんしね。

■1/22 東京電力OB訪問 (接触1回目)
明日、東電の建築部門・土木部門についてのお話を聞いてきます。

私の個人的な意見では、
①聞きたいことが聞ける(本音が聞ける)
②その会社の雰囲気に自分があっているか、分かる。

という意味で、説明会<OB訪問です。

会社の採用ステップ・業務内容は会社の採用HPにのっています。
特に業務内容は有価証券報告書・企業IR情報に詳しく書いてあります。
そのため、会社説明会に行く意義がいまいち、見出せず。
(説明会に行かないと採用ステップに乗れないなら、話は別です。)
できるだけ、物事の物理的な移動時間を減らしたいなー、と思う日々です。


以上です。
なんだかバタバタした10間でした。

スポンサーサイト

直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け

2009 - 01/14 [Wed] - 20:35

表題・以下の文は私の尊敬する梅田望夫さんのブログより。

My Life Between Silicon Valley and Japan↓
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070317/p1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二十歳にもなれば、その人のすべてはもう顕れている。その自分の良いところを見つけるには、自分の直感を信じ(つまり自分を信じるということ)、自分が好きだと思える「正のエネルギー」が出る対象を大切にし、その対象を少しずつでも押し広げていく努力を徹底的にするべきだ。そういう行動の中から生まれる他者との出会いから、新しい経験を積んでいけば、自然に社会の中に出て行くことができる。「好きなこと」と「飯が食えそうなこと」の接点を探し続けろ。そのことに時間を使え。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

original_ilovenature_nature_8347_l.jpg


「好きなこと」「飯が食えそうなこと」
これらを探して模索中です。

自分の場合は、中学から関心のある「建築・都市・土木」がキーワード。
この興味の対象は未だに変わっていません。
この自分の興味のある対象が、中学から変わっていないことに気がつけたのは、
文部科学省のインターンシップです。
(いずれ、文科省のインターンについてもエントリします。)

今の研究室の指導教官もそうですが、自分の好きなことを仕事にしている人は、
圧倒的にカッコいい!!

そして、東大には多くのカッコいい人がいます。
学部のときの大学では、カッコいい人たちには会えませんでした。
こういった人たちに会えただけでも、東大の大学院に来た価値はあったと日々思っています。

そして、自分も「好きなこと」をして、飯を食っていきたい!

日系投資銀行 面談

2009 - 01/14 [Wed] - 19:47

以前JOBでお世話になった、日系投資銀行の面談に行ってきました。

ガチ面接だと思い
・志望理由
・最近のM&A案件
・その案件に対する意見
などなどを調べていきました。けっこう緊張。

面談1時間と聞いていたので、気を引き締める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大きめの部屋に通される。

簡単な雑談の後、すぐに
面接官「JOBでの評価が高かったので、ぜひ入社してもらいたいのですが?」
自分 (??・・・ガチ面接ではないのか?)意外な展開に驚く

面接官「就活をやめること、辞退しない条件をのんでいただければ、内定出します。」
自分(内定ほしいが、正直あまり行く気はないしな・・・どうしよう?)
自分「大変、光栄なのですが、もう少し他の企業を見たいです。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようなやり取りの後、あとで日を改め、会社の若手の方と飲みにでも
行ってみたらどう?
という話に落ち着きました。

今思えば、とりあえず、もらえるものはもらっておくスタンスで、内定もらっておけば
良かったと少しだけ後悔。
ただ、
・金融には新卒で行く気はない。
・新卒では建築・街づくりに携わりたい。

という気持ちが強いので、上記のような返答になってしまいました。
このような気持ちで内定を頂いても、後々お互いにとって、よくないかと。
ここで内定をもらえるような要領のよさが就活で必要なのはわかっているのですが、
つくづく自分は不器用だなと思います。

メタルさんぐらいの要領のよさは、やっぱり必要ですよね。
↓  「外資系へのみちしるべ」
http://gaishi.seesaa.net/article/31673927.html


上記は有名な神サイト「外資系へのみちしるべ」
外資系志望者でなくても、大変参考になります。

以上です。

日興city 説明会

2009 - 01/14 [Wed] - 18:38

nikkociti_logo.gif

日興city(マーケット)の説明会に行ってきました。
16時~19:30まで(18:30~19:30は懇親会)でした。

■内容
・業務内容
・アナリストのお話(2人)
・職場見学(5分)
・懇親会(1時間)

といった流れです。
日興cityは、他の外資金融と違い日系色強い雰囲気でした。
半分は日系の会社なので、当然といえば当然ですが。
いつも思うんですが、アナリストの方って、お話が長くないですか?
今までお会いしてきた、アナリストの方はみなさんよく話します。
説明会の途中に寝てしまいましたし・・・

■感想
やはり、自分には金融はあわないなー、と率直に思いました。
独特の人の雰囲気があるように思います。

金融は面白いとは思いますが、今のところは新卒の段階では「ものづくり」
の理系の会社に行こうと思います。
以下が理由です。

         新卒採用               中途採用
①ものづくりの会社(理系) → 金融等(いわゆる文系)の会社  
(このキャリアパスは可能)
②金融等(いわゆる文系)の会社 → ものづくりの会社(理系) 
(このキャリアパスは不可能)


①のキャリアパスは可能です。金融の会社は中途採用しています。
しかし、多くの日系の理系の会社は新卒採用しかしていません。
そのため、②のキャリアパスは不可能です。

私は、物事を選択するときに、一つの基準として「選択肢が多くなる」
ほうを選択する価値観をもっています。
もちろん、ものづくり(自分の場合は建築・構造物)をしたいため、今のところ
国交省・ディベロッパー・鉄道会社などを目指しているという理由も強いですが。
いずれ、金融業界にも関わってみたいなー、などと思っている現状です。

日系投資銀行 job

2009 - 01/05 [Mon] - 19:41

今回は、かなり勉強になったJOBの紹介。

日系某投資銀行(M&Aに特化した会社)のJOB(12月上旬)についてです。
人物特定されるのが嫌なので、会社の名前はいずれ明かします。
私は、金融業界は志望業界ではないのですが、
金融の勉強したかったため、参加。

JOBの選考はESのみ。以下の2点
・今までの人生の中で、成し遂げたこと(全角 200 文字以内)
・ウインタージョブへの志望動機 (全角 200 文字以内)


倍率は25名/110名。3日間で3万円支給。
以下が3日間の流れです。

■1日目
・現在の金融事情について講義
・投資銀行の業務内容についての講義
・GWの発表 
 投資銀行のバンカーになったつもりで、楽天の企業価値向上に資すると考えられるM&A戦略をプレゼンせよ。」

特に投資銀行の業務内容についての講義は、M&A知識のない自分にとっては、
理解の深まる講義でした。

■2日目
・コーポレイトファイナンスについての講義
・GW

コーポレイトファイナンスについての講義は一品。
とくに、金融を勉強したことのない人は受けるべきでしょう。
メモとりまくりました。かなり企業価値について、興味をもちました。

■3日目
・M&A提案書の書き方の講義
・20分間のプレゼン+10分の質疑応答
・懇親会

JOBを通じて、優秀な学生って沢山いるなー、と感心してしまった。
ES選考だけで、これだけ学生を絞り込めるのですね。
一瞬にして、3日間が終了。

最終日にはプレゼンのフィードバック・講評・プレゼンの方法などのコメントを頂く。
その後は、懇親会。多くの社員さんとお話させていただきました。
社員さんいわく、JOBも選考の一部。学生の現在のファイナンスの知識は問わないが、
その学生の地頭のよさチームの貢献度を見ているらしいです。

M&Aも個人プレーの気がしますが、やはりチームプレーです。
チームにとってどうバリューをだすか?が重要な気がします。

JOBの一週間後、個別で面接のメールが来ました。
がんばってきます!


 | HOME |  »

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。