インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2009年05月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家一種について&今後のエントリの予定

2009 - 05/05 [Tue] - 22:59

1961_1.jpg

こんばんは。
ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

先ほどのニュースで、よくある国家公務員の批判をしていましたので、
一時期国家公務員一種を目指していた自分の考えを書こうと思いエントリします。

---
5/3(日)に国家公務員一種の試験が終わりました。
私も3日前ぐらいまでは、受験するつもりでした。
しかし、現在の国Ⅰの待遇の悪さ(激務・薄給)やインターンシップの経験、
職員の方々の話を踏まえ、改めて現在の内定先と国Ⅰを比較した際に、
あまり魅力を感じずに、受験を辞退しました。

今年は不況の影響で、インフラ業界・地方公務員が例年の2倍ぐらい志願者が
増えているらしいですが、国Ⅰ(理工Ⅰ)は去年と比較しても3%増程度です。
平成21年度国家公務員採用 I 種試験の申込状況について

国家公務員の待遇や労働環境は果たしてこのままでいいのでしょうか?
東大の周りをみても(理系)、国Ⅰを第一志望にしている学生は非常に少ない。
おそらく、多くの学生が国Ⅰに魅力を感じないのは以下の二点が原因だと考えます。


■1.労働時間が極めて長い
  (時期にもよりますが、深夜2時~3時まで勤務が当たり前)
■2.労働時間のわりに給料が安い
  (職員いわく、30歳で650~750万円ぐらい)



■1.労働時間が極めて長い
  (時期にもよりますが、深夜2時~3時まで勤務が当たり前)

中央省庁では、深夜2時~3時まで勤務が当たり前です。
こんなに遅くまで一体何をしているのだ?税金の無駄遣いだ!!
お怒りの言葉が聞こえてきそうですが、
実際は国会の答弁の回答をつくることに大半の時間を使っています。

◇国会の答弁は以下のようになっています。
(現在の私の認識ですので、ご参考程度まで)
 (国会の準備の段階)
1.国会の答弁の事前に、政治家Xが「○○省に△△について質問をする」
  と事前に伝える。
2.○○省の官僚らが△△についての回答を作成。
 (以下は国会本番)
3.国会で○○省の大臣が、政治家Xに2の回答を読み上げる。

国家公務員は上の2の作業に時間がかかっているため、労働時間が長いのです。
言葉は悪いですが、結局は大臣のカンペを作っているのです。
また、場合によっては政治家の質問すら
国家公務員が作っていることもあるみたいです。
なんだかなーと思ってしまう。
これは私が某省にインターンに行って一番衝撃を受けたことです。


■2.労働時間のわりに給料が安い
  (職員いわく、30歳で650~750万円ぐらい)

詳しくは、事務系が750万円ぐらいなので、技術系はもう少し下がると思います。
日本人の平均給与が600万円ぐらいと考えると、30歳で
650~750万円ぐらいもらえるのは、日本人の平均からすると高給だと思います。
しかし、官僚になれるようなレベルの人が、同レベルの民間会社に行けば、
もっと給料をもらえると思いますし、労働時間も少ないと思います。

※追記※
国家公務員の給与に関しては、以下のサイトが有益だと思います。
国家公務員の給与の実態
---

◇日本の中枢を担う国家公務員に、もっと優秀な人材を集めるために
私の意見としては
単純ですが基本給をもっとあげて、労働時間に対する給料を充実させる
ことが優秀な学生を集める上で必要不可欠だと思っております。
もちろん、国家公務員の給料を上げるとなるとマスコミや国民の反発を
今以上に買うのは容易に想像がつきます。
しかし一時期の外資系金融が人気だったように、給料の高さも
時には人の仕事の判断基準になると考えています。

---
だらだらと文章を書いてしまいました。
批判的な印象を受けたかもしれませんが、
私は国家公務員として働いている方を応援しています。
また私の友人にも官僚はいますし、インターンで知り合った職員の方とも
今でもお付き合いさせていただいています。

こういった、日本をよくするために熱意を持って働いている方の職場が少しでも良くなり、
また変わって欲しいという願いをこめて書かせていただきました。

いずれ、私が以前にインターンシップで行った国土交通省と文部科学省の経験から
以下の2点についてもエントリします。

■国土交通省のインターンシップの概要・感想
■文部科学省のインターンシップの概要・感想



以上になります。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。