インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2009年07月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究と就活の両立について -質問の回答-

2009 - 07/11 [Sat] - 17:40

こんにちは。

徐々に暑くなってきましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

このたび、以下のご質問を頂いたので、回答させていただきます。
御質問、ご丁寧にありがとうございました!!

------【御質問】-------------------------------------------
はじめまして こんばんわ
他大から東大院に進学されてかつ就活日記まで書いておられる方のブログはとても参考になります。

私も他大院に進学する予定で、東大はまだ試験さえ行われていませんがすでに推薦で合格を頂いているところもあります。

そこで質問なのですがlaser27さんはかなり上の方の会社のみに就職活動を絞っておられますよね。これは時間的な制約によるものですか?
ブログの記事によれば13社の本採用試験を受けられています。これに例えば商社であるなら三井物産+三菱、住友、丸紅、伊藤忠のように厚めに応募するとすれば研究との両立ができずに破綻しますか?

根が臆病なので少なくとも興味がある業種は(可能ならば保険の保険としての第3希望の業種も)出来るだけ数を受けて内定を多めに取りたいのが本音です。 
むろん専攻分野によってある程度の差は出るとは思いますが、参考までお聞かせ願えたら嬉しいです。よろしくお願いします。
----------------------------------------------------------

以下が回答です。

------【回答】----------------------------------------------

>そこで質問なのですがlaser27さんはかなり上の方の会社のみに就職活動を絞っておられますよね。これは時間的な制約によるものですか?

はい。時間的な制約によって面接を受ける会社を選択しました。
ただし、研究に時間をとられていたのではなく、一つの会社の「企業研究」にあてる
時間を増やすために、あえて受ける企業を絞りました。
やはり企業研究にはかなり時間がかかりますし、時間をかける必要があります。
そして、いくら自己分析が出来ていようが、企業研究が不十分だと確実に落ちます。
私の研究室は就職活動中は比較的、就職活動に専念させていただけたので
(東大の工学系の研究室は比較的自由度が高いところが多い)就活に専念していました。

もちろん、私の友人でもかなり会社を絞って、第一志望の企業研究をかなりして
(第一志望の会社にOB訪問を10人など)見事に内定をもらう人もいますし、
会社を絞って全部落ちた人もいます。
またたくさん受けて(25社ぐらい)全落ちした人もいますし、受かった人もいます。
なので必ずしも多く受けることが良いとも限りません。
大切なのは、企業研究・自己分析を十分にする時間をとれる範囲で会社に応募
することだと思います。そのキャパは個人差(性格・志向)があるのでご自分の性格・志向に合わせてたくさん応募するのか、絞って受けるのかなどの戦略を練っていく必要があります。




>ブログの記事によれば13社の本採用試験を受けられています。これに例えば商社であるなら三井物産+三菱、住友、丸紅、伊藤忠のように厚めに応募するとすれば研究との両立ができずに破綻しますか?


これは研究室によりけりです。
ただしバイオ系の研究室は実験などに時間をとられるため、就活の際、
教授の融通があまりきかずに苦労したとの話は聞いたことはあります。
しかし理系でもバイオ系以外の専攻は就活に時間がとれると思うので、
厚めに応募することができます。
また、私の意見としては研究がどうであれリスクヘッジのためにも
厚めに受けるべきだと思います。


あまり応募せずに、最悪秋ぐらいまで内定がないと、秋まであまり研究が
出来ないのでより研究室に迷惑がかかります。そのため、
思い切って3月・4月は研究は放置して就活に専念し、内定をとることが
必要です。

いずれにせよ、就活(とくに新卒の)は一生を左右するイベントなので多少波風が
立ってもご自分が納得できるまで就活を思う存分にするのがいいと思います。

-----------------------------------------------------------------

以上になります。
また何か御質問など御座いましたら、ご気軽にご連絡ください!!
お待ちしております。

スポンサーサイト

サマーソニック09

2009 - 07/03 [Fri] - 22:53

09album1.jpg 09album2.jpg

こんばんは。
夏フェスが大好きな自分としては、良い時期になってきました。
今年のサマーソニックはLinkin Parkが来日します。楽しみ。

これからは、たまにはこういった就活とは違ったエントリもしていきたいと思います。
就活ばかりだと堅苦しくなってしまいますし。

Linkin Park
027.jpg



◇ソノダバンド
また、今年のサマソニは一般からの公募もしているみたいで(不況の影響で
去年より参加バンドが少ないのか?)、私の好きなソノダバンドが約2000バンド中
全国2位をキープしているみたいです。
様々な楽器を取り入れ、モダンに演奏していて非常に良いです。
是非、サマソニで聞いてみたいものです。
(しかも全員、東大生・・・)

以下から、視聴・投票が可能です。

パソコン: http://emeets.jp/pc/artist/2050.html
携帯: http://emeets.jp/mobile/artist/2050.html
メールアドレスは入力しなくて大丈夫です。
携帯、パソコンからそれぞれ1日に1票ずつ、あわせて2票が投票できます。
締切は6日です。


以上になります。

インターン(学部4年・修士2年版)

2009 - 07/03 [Fri] - 15:52

main_teresa.jpg

前のエントリでは、私のサマーインターンについて書かせていただきました。
そして、ここから就活を終えた人のインターンについてエントリしたいと思います。
(ただ学生最後なので、今年一年はひたすら遊ぶというのも手だと思いますが。)

私は学生最後の夏ということで、まとまった時間を使って
今年もインターンに応募する予定です。
具体的には、将来、国際協力に関わりたいという考えのもと
以下のインターン(NGO・ボランティアを含む)を考えています。

1)国連・UNESCO・アジア開発銀行などの国際機関
2)JICAの青年海外協力隊(一ヶ月の短期版)
3)Room to Read のボランティア


一番気になるのが、Room to Read のボランティア
以前にテレビ番組のアンビリーバボーで、初めてRoom to Readを知りました。
この理念・活動に素直に感動し、この活動に非常に興味を持っています。
詳しいRoom to Readの活動内容はココを見てください。

本日は疲れたので、ここまで。
また、サマーインターンについて何か進展がありましたら、
ブログでご報告させていただきます。

サマーインターン

2009 - 07/03 [Fri] - 15:27

こんにちは。
7月になり、サマーインターンの選考も本格化してきたようですね。

私もサマーインターンから就職活動を意識し始めた覚えがあります。
一年はあっという間です。
2011年度卒の就活生も大変でしょうが、がんばってください!!

私のサマーインターンの反省点は、出来る限り多くの会社(10社くらい)
の選考を受けておくべきだったということです。
理由は、以下の三点です。

1)ESの練習ができる。
 →文章を書く練習になる
 →よいESができれば就活本番でも使いまわすことが出来る
2)面接に慣れることができる 
 →面接で話すエピソードをストックできる
 →面接官にささる話し方を夏の時期で学べる
3)インターンで職場を経験できる
 →自分の進路の判断材料になる

おまけ)インターン先によっては、バイト代が入る。
     私は国交省のインターンで得たお金でパリに10日間行ってきました。

ちなみに私のサマーインターンの戦歴は以下の通りです。
◇学部三年
・国土交通省 地方整備局 → ES通過(学校推薦) → インターンに参加(三週間)

◇修士一年
・文部科学省 → ES通過(学校推薦) → インターンに参加(二週間) (バイト代無し)
・NRI(コンサル) → ES落ち
・JR東  →  ES落ち
・JR東海 → ES通過 → 面接落ち

研究と文科省のインターンに行っていたので、他の選考を受ける時間がとれなかった
という理由もありますが、やはり4社は少ないと思います。
インターンの選考情報は以下のブログが大変参考になります。

インターン、就職活動裏情報

以上になります。

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。