インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2009年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究という山登り

2009 - 12/19 [Sat] - 14:51

こんにちは。
最近、以下の本を読み直している。友人から薦められ、購入した本。
読み始めたら止まらない。この本を夢中になって読んでしまうのは、
「学生」という期間が終わってしまう著者の心境と、自分とを重ね
合わせているからだろうか。




++++++++++++++++++++++++++++

ご来光


▼研究という山登り

先日、指導教官と研究の打ち合わせをしていて、ふと思った。
「研究って山登りに似ているな。」と。

ゴールが見えないときは、正直研究はしんどい。また求めたい結果を出すために
いろいろなアプローチを試みる。そして次第に研究のゴールが見えてくると、
研究も面白く感じてくる。

「どのように成果をまとめるか」、「この研究がいったいどの程度社会に
インパクトをもたらすことができるのだろうか」考えは尽きないし、この考える
プロセスが面白くなってくる。

この心境はひたすら頂上を目指して山を登る心境に似ている。
頂上が見えないときは歩いているのが非常につらい。また頂上を目指して、
いろいろなルートを考える。そして頂上が見えてくると、頂上の景色はどうだろう、
何が見えるのだろう、と考えワクワクしてくる
そんな心境に似ている気がする。そういえば富士山頂上からみるご来光は最高
だったなぁ。



DSC_0びえい木094

▽大学院の二年間
大学院の生活も終わりに近づいたので、社会にでるまえに
今までの二年間を簡単に振り返ってみた。(単なる日記ですw)

【修士一年次】
大学に入学当初は、研究の意味を分からず、またゴールも分からずに、
ひたすら目の前にある「解析」をこなしていた気がする。ゴールが見えないなかで
作業していくのは、なかなかタフで正直、研究を面白いと思ったことは一度もなかった。
また教授を筆頭に、自分の研究チームの助教や、ドクターの先輩方の優秀さと
自分を比較し、落ち込むこともよくあったと思う。

そんななか、ストレスの発散は極真空手だった。7月に関東大会にも出場した。

そうこうしている内に、大学一年の秋を向かえ、国際学会のために研究の成果を論文,
パワーポイントにまとめる時期になった。
正直、そのときは現在の研究に対して理解も浅はかで(今もそうだけど)、
先輩にひたすら質問していたと思う(すいません)。

そして、その国際学会が終わり、シンクタンクでバイトを開始。また就活に突入。。。


【修士二年次】
修士二年になってから、前期は就活が終わった余韻で旅行に行きつつも、
週一回の研究のミーティングでバタバタしていた気がする。
また6月ごろに学生主体で運営する、学生だけの学会「学生フォーラム」
の運営に関わった。いままで自分でこのような大きなイベントを運営した経験が
なかったのだが、この経験を通じて仲間たちと一つのことをやり遂げることの
面白さを学んだ。

修士二年の後期からは研究のミーティングに加え、秋の北京での国際学会
準備・発表、国際協力系NPO”U-Lead”の団体の立ち上げ及びイベントの準備
に追われる日々であった。またNPO関係でインドの農村にも行かせていただいた。
+++++++

以上のようなことを書いてしまうのも、U-Leadのイベントが一段落し、
また研究も終盤を迎え、学生生活の終わりが近づいているためだろう。
この生活が終わるのが寂しいな。

多くの方が社会で働いているなか、自分は平日から論文を読み、北京大から
留学してきている中国人留学生と研究について議論、研究をしている。
なんて贅沢だろうと思う。
また留学生に囲まれ、日本にいながら毎日英語を話す機会があるのも非常によい。

毎日昼休みには中国人留学生に中国語を教えてもらい、有意義に時間を使えて
いる気がする。社会人になったらお昼に上司に「謝謝」などと言おうものなら
張り倒されるな(当たり前だ)


ともあれ残り少ない学生生活、日々感謝しながら楽しみながら過ごしていこうと改めて思う。
再見(さようなら)!

スポンサーサイト

「三菱商事⇒マザーハウス」の方のブログが面白い。

2009 - 12/15 [Tue] - 12:15

こんにちは。気がついたら12月も半ば。
来月、修士論文の提出のためバタバタしております。

修士論文提出したら、バングラディッシュのグラミン銀行や、
グラミン銀行によって融資を受けた村など視察に行きたい、と考えているこの頃。
まとまった時間がとれるのも最後だし、残りの時間を有意義に使おう。

++++++++++++++++
さて以下のブログが大変、面白い。
ソーシャルビジネスベンチャー日記

著者は、三菱商事⇒マザーハウスというキャリアの持ち主。マザーハウスは大学で副社長の山崎氏の講演を聴き以来、ずっと気になっている会社である。情熱大陸でも放送され、最近最も注目されているベンチャーといっても過言ではないだろう。
このブログでは著者の生い立ち、何を考えて行動しているかが書いてあり、勉強になることが多い。ぜひ見てみると良いと思う。特に就活生はブログ中の商社論も目を通しても損はないと思う。
商社論①
商社論②
商社は社会に必要か?

ES・面接の受け方

また以下はブログに書いてあったコメントで、非常に参考になったので、メモとして残す。
エントリ元
◇◆メモ
1. Posted by akira November 20, 2009 16:45
強い信念と行動力で道を切り拓くshunさんの生き方にいつも勇気を貰ってます。
突然ですが私は今大きな悩みを抱えています。
今年就活して納得いく企業から内定を貰えませんでした。
「人生は前向きに生きていきたい!」とは思いながらも内定先の会社に入り将来的に独立を考えて頑張るのと、就職留年して再チャレンジするのとどっちが前向きなのか分からなくなってしまいます。
どっちに決めても頑張るしかないと思っています。
しかし、独立するにしろ留学するにしろ前勤務先の名前やブランドが重要なのではないかと考えてしまいます。
shunさんの意見を聞かせて頂きたいです。


2. Posted by shun November 24, 2009 18:50
コメントありがとうございます。
独立や留学をしたいということであれば、勤務先のブランドは全く関係ないと思います。会社なんて所詮箱でしかないので、結局は自分が何をやるか、何ができるかだと思います。

こういう話をすると、「でも大企業にいたほうがより良いコネクションを得ることができるのでは」という反応が返ってくることも多いのですが、それもナンセンスです。本当に可能性のある事業を本気でやっていれば、コネクションなんて後からいくらでもついてきます。逆に言えば、そうやって会社の力ではなくて自分の力で獲得したコネクションのみが、実際に役に立つコネクションになるのだと思います。

あと留学に会社名が重要かどうかという件ですが、私の知っている限りではそんなに重要ではないと思います。まあ社費留学を希望されているのなら、そういう制度が充実している会社に入る必要がありますが。
評価基準は、例えばMBAの場合だと基本的に1.GMAT・TOEFLのスコア 2.大学での成績 3.仕事での実績 ですので、どこの会社に属しているかよりも、どういう仕事をしていたか、という本質的な部分が評価されると思います。

そんなわけで、どの会社に入るよりも、結局は「何をやるか」のほうが重要だと思うので、一度飛び込んでみるのをお勧めします。それでもし違うと思ったら、転職すればいいと思います。本気で仕事をしていれば、いつでも転職は容易いと思うので。

◇◆


 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。