インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2010年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBAという道

2010 - 03/01 [Mon] - 13:05

hbs-logo.png

こんにちは.花粉がでてきてつらい.
さて本日はMBAについてエントリしようと思う.

先日,大手町で行われた留学説明会に出席した.その説明会が逸品で
あったため,この気持ちを忘れないためにもブログに綴っておこう.
(周りはデキそうな社会人ばかりで,学生の自分はちょっと浮いてたが笑)

▼留学説明会
この説明会はハーバード・ビジネス・スクール、ケネディ・スクール、
及びコロンビア・ビジネス・スクールのOB・OGが各校の概要を説明し
Q&Aを行うもの.

説明会のプレゼンターも,ハーバード・ビジネス・スクール日本リサ
ーチセンター長の佐藤信雄氏(ハーバード・ビジネス・スクール1982年卒)、
ハーバード・ケネディスクールを2008年に卒業された池田洋一郎氏
(財務省勤務、官民協働ネットワークCrossover21代表)及び、
コロンビア・ビジネス・スクールを1996年に卒業された香西元氏、
2009年に卒業された久保啓行氏(富士通㈱勤務)というそうそうたるメンバー.

また司会もハゲタカのモデルの越純一郎氏で,お話の内容も素晴らしかった.


▽学んだことを簡単にまとめる
皆さんアツい方々で,聴いていて鳥肌がたった.皆さんかっこよすぎ.私も
ハーバード受験することを断固決意.このように人の出会いに触発されることは,
東大の大学院に入学し,様々な経験をさせていただいて本当に増えた.

「環境が人を変える」これは,大学院の二年間で,自分や友人をみて本当
に実感した.自分が成長する上で,どういった環境に身をおくかで7割ぐらいは決まる
気がする.もちろんそのなかで努力することは必要条件だ.

環境はいわば,成長の加速装置だといえよう.
そして今回の説明会を通じて,再認識したのは「この人のようになりたい」
と強く思えることは,自分を動かす大きなモチベーションになるということだ.


さて話が脱線してしまったので,この方々から学んだことを以下に簡単に纏める.

●この先がよめなく,フラット化する社会では,これからの時代のキーは
「英語」と「IT」の能力

●「留学」が目標となってはいけない.自分が「何をしたいか」「どういっ
た社会にしたいか」をまず考えるべき.そして,それを実践するために必要
な能力を養う手段として,「留学」を考えるべきである.「留学」は数ある
選択肢の中のひとつであることを忘れない.

日本でも素晴らしい環境があるため,日本で学べることも非常に多い.

●「国際社会」で活躍するには,以下の二つのことを意識すべし.
1)日本にいるときは国際人たれ,2)海外にいるときは日本人の代表と意識
する.特に日本人の代表である以上,日本の歴史,日本の文学(源氏物語など)
に精通していなければならない.

英語は一つのツールである.もちろんツールを磨くことは必要不可欠だが,
大切なのは母国の文学・歴史を知り,その人の根っこの部分を固めること
である.国際社会で活躍するにはツールだけ磨いてもだめ.


▼参考文献
以下が,この説明会で発表してくださった池田氏の本.
ケネディースクールについての概要が書いてある.分かりやすい.




また以下は岩瀬氏のビジネススクールの留学記.何度も読んでいる.
まだ読んでいない方は是非.(ちょっと偉そうに書いているあたりもまた良い笑)




▼MBA取得後のキャリアパスについて

いつもお世話になっているαリーダーの代表の方が書いたブログで,
MBA取得のモデルキャリアパスについてエントリされている.
非常に分かりやすく,参考になったので,ご参考までに一読されたい.

TJ 起業家 DAYS

※以下,TJが考える理想のMBAのキャリアパス.引用.
・ 大学卒業後企業へ入社し、3年後には欧米トップMBAへ留学
(入社と同時に留学準備開始)
・ MBAで2年間学ぶ
・ その後はコンサルか投資銀行で3年学ぶ
・ Pre-MBAがコンサルか投資銀行だった人は、事業会社で3年学ぶ
・ ここまでで8年、年齢で言うと30-32歳
・ そこからは自分のやりたいことをやる
・ 大企業でグローバルリーダーとして活躍するもよし、プロフェッシ
ョナルファームでもよし、起業するもよし
・ リーダーとして社会へ大きなインパクトを与える役割を担うことを
責務とし、頑張る!

※※

以上.

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。