インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2011年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

English Town (オンライン英会話)のススメ

2011 - 12/17 [Sat] - 23:44

twitter_logo_normal.jpg

English Town(オンライン英会話)をかれこれ半年続けているが非常に良い。
正直、昨年行っていた某英会話学校よりも断然いい。
以下に既存の英会話スクールよりも良いと思う点を羅列する。

●English Townのメリット
・講師の質も教材内容もよい。大手英会話スクールと比べても何ら変わらない。

・安い。1ヶ月6,900円で月々30回レッスンを受けられる
 →英会話は回数をこなすことが大切。
  一回あたりの授業が安いのは大きな魅力。

・毎回授業後に、授業のフィードバックをもらえる。
(発音をもっと勉強するべき等)
 →毎回のフィードバックをもとに勉強のスケジュールを再構築できる

・英会話のほかにも、ライティングのサービスもあり、ライティングの
 添削もしてもらえる。

・日本人だけでなく他の国の生徒さんとディスカッションできる。
 →他の国の文化や、日本の文化を伝える良い機会になり、授業後に雑談
  することも可能。意外と楽しい。

・オンラインであるため、通学に時間がかからず、予約なしでいつでも
 英会話を学べる

 →仕事に行く前の朝や、早く帰宅できた日など自由に授業の時間を捻出
  できるのがいい。

はっきり言って、English Townを始めるともうほかの英会話スクールに通う気がまったくおきない笑。年間、20万円もばかばかしくて払ってられません。

始めた当初は、先生の話が早すぎてついていくのに苦労したが、一ヶ月ほどたつと大分慣れてくる。特に半年続けると、特にヒアリングの力がついてきた気がする。次のTOEIC, TOEFLが楽しみだ。英会話スクール選びに悩んでいる方は、ぜひEnglish Townも検討してみてはどうでしょう。

最後に、English Townの先生からのコメントがよかったのでメモ。
格好いいね。


"Words are knowledge, and knowledge is power"

One of the best ways to improve your vocabulary is to read more.
Reading is clearly linked with a larger vocabulary...Now, When reading
the classics/watching classic movies you’ll come across many words
that are no longer commonly used. Why learn words most people don’t
use? To set yourself apart. Having a bigger vocabulary is like having
a tool box with more tools. A larger arsenal of words enables you to
express yourself more eloquently. words are knowledge, and knowledge
is power.

スポンサーサイト

病院もクラウド化を進めよう!

2011 - 12/11 [Sun] - 18:48

thai2.jpg


病院に行ってふと思ったことをエントリしようと思う。

数年前から、コンピューターの大容量化に伴い、クラウドコンピューティングの議論が盛んになってきた。例えば、gmailも1アカウントで7GBまで使えるし、appleのicloudなんかも便利である。大きなメリットとしてはパソコンや携帯などのデバイスに関わらず、どのデバイスからもクラウドにアクセスすることで同じデータを閲覧できることだ。最たる例としては、gmailはパソコンからも携帯からもアクセスでき、同じメールを閲覧できる。非常に便利ですよね。

さて、ここからが本題。

現在、各病院が各々の患者の通院履歴をデータベース化していると思う。問題点としては、患者が病院を変えてしまうと、過去の通院履歴が変えた病院に引き継げないことだ。よって、また一からその患者の病気の履歴をデータベース化しなければならない。

ここでクラウドで一括して患者の通院履歴を管理したらどうだろう。歯医者、内科、外科などすべての過去の通院履歴をクラウドにまとめる。さらには、そのデータベースに親類の病気の履歴や、本人の食生活のデータも入力できるようにする。

そうすると、考えられるメリットは「過去のデータをもとに将来(何歳ぐらいに)、どういった病気になるかリスクを算出できるようになる」ことだ。

上記のクラウドのデータに、過去の大学等の研究結果から導きだされた食生活・病気の履歴と将来病気になるリスクのモデル式を組み込むことで、遺伝的・食生活的にも将来の病気のリスクが予測できるはずだ。このモデル式を使うことで、例えば、50歳頃にガンになると予測できる。そうすると、事前に検査をして早期発見早期治療で完治させることも可能だと思う。もしくは、その予測結果をもとに食生活を変えてもいいし、運動を始めてもいい。そういった経営コンサルタントならぬ、健康コンサルタントもでてきそうだ。
(一方で当然、プライバシーの問題もでてくると思うが。。)


今回、本エントリをしたのは病院などイノベーションがおこりにくい業界で、かつ今後超高齢化が進む日本にとって、早期発見早期治療で一人当たりの治療費を減らし、そして国全体の医療費を減らしていくのも必要だと問題意識として日々感じているからだ。今後の日本にとって、膨らむ医療費をいかに抑えるかは大きな課題だ。

上記のようなクラウド化にて社会問題を解決し、かつ人の生活を豊かにしてく。そんなサービスができたらいいな。そんな分野で起業でもしようかな。なんちゃって。

就活生に勧める就活本2冊

2011 - 12/11 [Sun] - 18:12

12月にもなり、就職活動が本格化してきましたね。
いまの学生さんは短期決戦で大変だと思います。時期的にはそろそろエントリーシートを準備する時期でしょうか。

さて、今回は私の就職活動の時に大変お世話になった書籍を二冊紹介したいと思います。
※2013年度版はチェックしていないので、私が読んだ2010年度版を紹介しています。若干古いですが。。。


●1.ロジカル面接術【面接対策】



この本は、面接で話すことが端的にまとめられています。面接では話すことすべてが「御社に入社したい」というメッセージにならなければいけない。その方法論をこの本で学びました。実際、東大時代に多くの友人、先輩もこの本を薦めていましたし、一読の価値ありです。


●2.絶対内定エントリーシート【ES対策】



一流企業に内定した方のエントリーシートのサンプルが載せてあります。アマゾンのレビューにもあるとおり、サンプルが優秀すぎる感は否めませんが、書き方そのものは非常に参考になります。言い回しやESの書き方、ネタの作り方は真似をしてしまいましょう。
私がエントリーシートで参考にした本は本書だけでした。
これ一冊で十分でしょう。

簡単ですが、以上になります。

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。