インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2012年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域開発に携わるなら官公庁と民間どちらがいいか

2012 - 12/15 [Sat] - 23:03

jigyourei.jpg

ご質問を頂きましたので、回答いたします。ご質問ありがとうございました。

****
はじめまして。私は地域開発に関心のある学部3年生です。
街づくり、沿線開発、交通開発、観光開発、農業開発、電力開発など地域を変えていけるような大きなプロジェクトに携わっていきたいと考えています。
ただ、自分のやりたいことができるのは官民どちらなのか悩んでいます。といっても、民間就活をするつもりで今年の6月頃から現在まで至っていま す。自分は実際に直接そのようなプロジェクトを実行していくような仕事がしたいと思っています。役所の一番の仕事は制度づくりだと以前省庁の方からうか がったので、実際にプロジェクトを行うのは民間だと考えていたのですが、先日君のやりたいことは行政向きかもねと言われて不安に感じています。実際にイン フラ企業に勤めていて、地域を動かすようなプロジェクトを実際に行うことがきるのは官と民どちらだと思いますか。

*****

あくまで私の主観であることを念頭に回答いたします。

結論から言うと、官と民どちらでも出来ると思います。
ただし官と民の大きな違いは、官は街づくり、沿線開発、交通開発、観光開発、農業開発、電力開発などジョブローテーションによって様々な分野の開発に関われることができることに対し、民間は鉄道なら鉄道、道路なら道路など、特定の分野からビジネスを展開していくといった特徴があります。様々な分野の開発に関わりたいなら官、特定の分野から事業に関わりたいなら民間を選ぶとよいかと思います。

もう少し具体的にそれぞれの立場について記載します。

○官公庁の立場
官といっても、省庁、県庁、市役所などがあります。
それぞれの役割分担をまとめると以下のようになります。

・省庁:制度づくり
・県庁・市役所:省庁が決めた制度をもとにプロジェクトを実行


確かに省庁の場合は制度づくりが多く、実際に直接プロジェクトを推進していく機会は少ないかと思います。一方で、県庁や市役所は省庁よりも地域の住民の方と密着し、実際にプロジェクトを動かして行く機会は多いでしょう。
実際に私も今のプロジェクトで、市役所や省庁等の方と共同で事業を動かしていますが、市役所の方のほうが地域に密着し、地域のことを考えながら仕事を進めている印象を受けます。

○民間
民間は、それぞれの分野からB/C(コストに対してどれだけリターンを得られるか)を算出し、リターンが多いと判断すれば事業を行います。例えばインフラ企業の場合、投資がインフラであるため、非常に大きな金額を動かすことになります。私の場合は、数百億の事業を動かしています。
そしてプロジェクトを実行する際には、官公庁と協議し許可をもらい、官公庁や地元の住民の方と協力しながら事業を動かしていくことになります。大きな金額を動かし、協議先も多岐にわたるため、プレッシャーや事業をマネジメントするのが大変ですが、実際に事業を動かしている実感を感じることができます。

余談ですが、私も就職活動時期には、官公庁か民間か非常に悩みました。民間にした最終的な決め手は、インターンシップに行き、民間のほうが実際に事業を動かしている実感を感じることができ、エンジニアとしてインフラづくりに関わりその醍醐味を味わえると思ったからです。

○最後に
あとはインターンシップで社員の雰囲気のあうところや、ご自身のワークライフバランス(残業時間がどれくらい、転勤の有無など)などを考えてご検討されると良いかと思います。

以上です。
また何かありましたらご連絡ください。

スポンサーサイト

夢とは

2012 - 12/01 [Sat] - 22:07

ご無沙汰しております。就活が近くなってきたのかアクセス数が増えてきました。もうそんな時期ですね。

質問を頂いているので来週には回答したいと思います。
今週はバタバタしているのですみません。
また就活らしく以下の内容も追々記載する予定です。

・インフラ企業(技術職)の仕事内容
・転勤の多いインフラ企業に入社し、地方転勤になったらどうするか
・ワークライフバランスについて


*******

6048191_381x636.jpeg

ところで毎週行っているキックボクシングのジムでのエピソード。
元世界チャンピオンが指導してくれているこのジムは、タイからムエタイの選手を指導者として雇用して、2名を3ヶ月のローテンションでタイと日本をジムを行き来させるシステムをつくっています。本場のムエタイの技もジムの練習生に教えたいのでしょう。日本に滞在中は、自分の家に泊めているんだって。

「こういうジムをつくることが、おれの昔からの夢だったんだ。」

無邪気に笑う元世界チャンピオンが、とてもかっこ良くて。
世界を狙っていた選手が、今度はジムの会長として新たな目標をもって頑張っている姿は、本当に素晴らしい。自分も目標を達成するために頑張らなければいけないな。なんだか元気をもらった週末でした。

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。