インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2013年01月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混雑統計データ(R)による東日本大震災当日の人々の流動状況

2013 - 01/14 [Mon] - 19:19



「人の流れプロジェクト」において、「東京大学空間情報科学研究センターと共同研究を行っている(株)ゼンリンデータコムの「混雑統計(R)」データを用いて」、「携帯電話のGPSデータをもとに、2011年3月11日の東日本大震災時の人の流動を再現した」というこの動画は必見です。

yahooニュースでも取り上げられています。

携帯のGPSデータをもとに地震前・後の人の動きを可視化しています。その人の流れが、交通機関が止まったため、地震発生時点でピタっと止まります。その後、再び動き始めるのですが交通機関が止まっているため、人の動きはスローです。

23時を超えたあたりになって交通機関の復旧と共に、人の流れが徐々に地震前に戻っていきます。

 ●

実は、この研究をしているのは、私が前にいた研究室です。
この動画はマクロな絵で、ミクロなものでは、例えば駅のホームの人の流れや、
ショッピングセンターの人の流れを可視化し、広告の配置位置や、お店のレイ
アウトを検討することに役立てることができます。

こういった人や自動車などの動きをgoogle mapでリアルタイムで見れたら面白
いだろうなあ。最近のgoogle mapは、渋滞状況もリアルタイムで見れるので、
すでに研究しているのでしょう。

今後、この手の研究はスマホとも親和性が高いので、ますますニーズが高まって
いくと思います。こういった研究に研究者として携わり、社会のニーズとマッチ
ングさせていくのは楽しいだろうなあ。

 ●

土木工学は、橋や道路など巨大構造物を造る学問だと思われていますが、
このような人の動き(パーソントリップといいます)や、交通渋滞を研究する
こともあります。非常に分野が広く、人の生活に密着している学問です。

英語だと Civil engineeringといって、直訳すると市民工学。最近は名前を
変える大学も多く、東大は社会基盤工学科に名称を変更しています。
名前を変更後、一番人気の学科になったのだとか。
対義語は軍事工学(Military engineering)です。

最近の若者の土木工学離れが嘆かわしい。ってオジサンのセリフですね。


関連記事

スポンサーサイト

BCGセミナー

2013 - 01/04 [Fri] - 19:45

00images

先日BCGのセミナーに行ってきた。こういったセミナーは就活ぶり。就活から4年もたったんだ、時間の早さを痛感する。セミナーの趣旨はBCGに中途で入社した方が、自身のキャリア観について語るといったものだ。

そもそもこのセミナーを知ったのは、プライベートのメールにBCGから案内のメールが来たから。おそらく就活のときにBCGのサイトに登録していて入社2〜5年目ぐらいの人に連絡をしていたのだと思う。セミナー全体の内容は、下記の通り。

●内容
1)BCGの会社紹介
2)BCG中途入社者のパネルディスカッション
3)適性試験 (※適性試験の内容は後述します)


内容については「BCG中途入社者のパネルディスカッション」が非常に参考になった。パネリストには、大企業からBCGに入社の方や元医者の方がいて、その方のキャリア観を聞くことができた。そのキャリアになるようにBCGへの転職を決意したようだ。
まとめると以下の通り。

・30代で勝負できる環境にいたい
・専門性を突き詰めるのではなく、人間性に幅をもたせたい
・経営ノウハウを学びたい
・先が見えない環境に自分を置くことで、毎日を楽しみたい


どれも私がいつも求めていることで、とても共感できた。また各コンサルタントの方にすっかり魅了されてしまった。コンサルタントの独特のエスタブリッシュな雰囲気、視野の広さ、プロとしての自覚。「こんな人たちに囲まれて仕事ができたら、幸せだろうな」自然とこう思ってしまった。

そして話がロジカルで分かりやすい。って当たり前か。BCGは、もともと優秀な人が一流の環境で歯を食いしばって努力をしている、そんな環境だろう。こういう現実を知ると、BCGの方やBCGの卒業生が各方面で活躍しているのも当たり前だと思える。

20代はエンジニアとして技術を磨こうと思っているので、転職は考えていないけど、将来はコンサルタントの世界に行くのも素敵だな、なんて思った。実行に移すかどうかは別問題としても。

●適性試験の内容
さて、適性試験を通過すると次は面接。面接は別日程。
適性試験の内容はSPIで非言語40分のみ。言語は省略されていた。
BCGとしては、頭の回転や計算の速さを見たいのだろう。
対策本としては、下記の非言語の部分をやっておけば対応できます。
本と同じような問題が出題されていた。8割程度できれば合格でしょうか。

ケース問題は出ませんでした。





時間があれば、公務員試験用の判断推理もオススメです。


以上です。

映画:ガタカ

2013 - 01/04 [Fri] - 18:53



【ストーリー】 (アマゾンより)
DNA操作で生まれた“適正者”だけが優遇される近未来。
自然出産で生まれ、劣性遺伝子を持つ人間は“不適正者”として差別されていた。
そんな不適正者の一人ビンセントは宇宙飛行士になる夢を抱いて家族のもとを飛び出し、優秀な遺伝子を持ちながら事故で下半身が不自由となった若者ジェロームと出会う…。


 ●

今までみたなかで最も美しい映画。洗練されたストーリーとスタイリッシュな映像。遺伝子操作で造られた人間しかなれない宇宙飛行士になるため、自然出産で生まれた"普通"のビンセント(主人公)が努力する姿が美しい。
個人的には、ジェロームが住んでいるミース・ファン・デル・ローエの建築も好きです。

書籍:なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?

2013 - 01/04 [Fri] - 18:32



少しまえに読んだ本のメモ。
本書は、著者の就活からマッキンゼーの仕事、MBAについて書かれていて、キャリアの参考になり面白かった。結局、マッキンゼーの方がいくら貰ってるかわからなかったけれど笑

マッキンゼーの仕事内容もわかるし、学生さんや若手社会人が読むと面白いと思います。

2013年目標

2013 - 01/04 [Fri] - 18:23

m2013-1.gif

今年の目標です。今年は、ブログに載せるのはシンプルに。

▽仕事 
今年の目標は、仕事に関してはブログに書くのを控えます。
社会人4年目になってくると、ブログにアップするのも
難しくなってきますね苦笑
項目としては、下記のスキルを重点的に上げたいと
考えています。

・リーダーシップ
・技術力の向上
・チームのマネジメント
・交渉力


▽プライベート
プライベートで挑戦したいことは、シンプルに三つだけ。
・サーフィンを始める
 東伊豆で始めたい。東伊豆は、波も良くてビーチも綺麗
 で気持ちがいいはず。

・キックボクシングのアマチュアの試合にでる
 できたらタイに遠征して、ムエタイ選手とも試合をしたい。

・登山
 特に山梨県の八ヶ岳に登りたい。比較的実家からも近く、
 山としても様々な景色を楽しめそうだ。

P8090063.jpg

「人間どこまで働けば倒れるのか」これは、最近
気になっていることです。このテーマ?を追求する
年になりそうです。イヤだけど...

このブログも続けていく予定です。今年もどうぞ
よろしくお願いします。

 | HOME |  »

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。