インフラ日記のナビゲーター   トップページ > 2014年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「防災」に携われる仕事とは

2014 - 04/20 [Sun] - 22:56

こんばんは。すっかり桜も散ってしまい、来週からGWです。早いですね。
さて、以下のご質問を頂きました。回答が遅くなって申し訳ありません。

---【ご質問】----
私は現在、〇〇大学・建築学科の学生です。今年から二年生になります。
東大院に進学した後に防災関係の仕事に就きたいと思っているのですが、
その上で二つの質問があります。
・防災関係に強い企業はどこですか?
・院試に向けてどのような勉強をすすめていけばいいですか?
-----------------------


防災にはあまり詳しくありませんが、以下回答します。

◆1.防災関係に強い企業はどこですか?

防災といっても非常に分野が広いので、企業を特定するのは難しいです。学ばれている建築と関連付けるならば、

1)JR, NTT, 電力会社などのインフラ企業

 →耐震、大雨、津波対策などハード及びソフト面から関わることができます。

090309d.jpg
よく見る駅の耐震化です。橋脚周りを補強しています。インフラ企業の土木・建築の分野です。

2)三菱総研、野村総研などのシンクタンク

コンサルタントとして防災のテーマを研究し、民間企業に提言する仕事に関わることができます。

【民間企業 以外】

余計な情報かもしれませんが、民間企業以外には、以下の選択肢もあります。まだ2年生ならば、いろいろと見てみてください。

3)官公庁
・国土技術政策総合研究所(通称:国総研)
国交省の研究機関です。上記で挙げた三菱総研や野村総研よりは、研究的な要素が強いです。

・国交省や地方自治体の防災部門
最近は、震災の影響から耐震や津波対策などに入れていると思います。

10.jpg
学校の耐震化も防災の分野。学校の耐震化は、文部科学省が行っています。

3)大学で研究者として携わる
東大だったら目黒研究室が防災で有名です。ドクター取得して、研究者として防災に関わるのも魅力的。

4)NPO
こちらもNPOならではの企業や官公庁と違った切り口で「防災」に関われるはずです。どんなNPOがあるかは、詳しく知りません。ごめんなさい。

※ぜひ、大学の長期休暇を利用して、東北の震災のボランティアに参加してみてはいかがでしょうか。机上で考えるより、多くのことが経験でき、ご自身のやりたいこともさらに具体化されると思います。

◆2.院試に向けてどのような勉強をすすめていけばいいですか?

とにかく大学の勉強をやる!これに尽きます。
大学の勉強で建築の基礎学力の向上、そして3年になってからは過去問を集め始め、3年の終わりから院試験までは過去問題に慣れる、といったスケジュールで十分です。

頑張ってください。他にも何かあれば、ご連絡ください。


【参考】


本書では防災を構造物に頼っての議論ではなく、教育として捉えた場合の視点で地震・水害に焦点を当てて防災に関する見解が述べられています。また違った切り口で「防災」を学べる本です。東日本大震災で大津波に襲われた釜石の小中学生が主体的避難行動で自らの命を守った事例が書かれています。


本書は、防災を心理学に焦点を当てて防災に関する見解が述べられています。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。