FC2ブログ

  インフラ日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 技術 > iCloud がつくる未来。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iCloud がつくる未来。

2012 - 02/19 [Sun] - 22:18



今月号のcaseを読んだ。appleのデザインの特集である。そのなかで、iCloudがつくる未来についての記載が面白かった。この記載をもとに(一部抜粋)、クラウド化が進むことによって世の中がどのように変化するか考えてみた。技術によって社会がどう変化するかを考えることは、本当に楽しいですね。思わずエントリしてみる。

icloud_photos-550x464.jpg

1998
デジタルハブの中心はiMacだった。パソコンで写真やプリンター、音楽を管理し、それらを統括するのがパソコンの役割だった。個人的には、iPodが発売されたことにより、あらゆるものの情報化が加速されたように思う。

2007
iPhoneが生まれたことにより、デジタルハブの中心はPCから携帯に変わった。現在は、スマホが上記の音楽やプリンター、写真を管理する。さらには、今までPCで行っていたショッピングなどもスマホで出来るようになった。
デジタルの世界と現在をつなぐのがスマホである。

2012~
iCloud。これが次のデジタルハブの中心になるはず。ユーザーがコンテンツをネットにおけば、パソコン、携帯、テレビとどの端末からでも同じことができる。すべての画面はiCloudを見るための窓になるのだ。生活に溶け込むコンピュータの究極系はその姿が消えること。そのやりとりはSiriのような対話型インターフェイスに移るだろう。

都市全体がクラウド環境になれば、電力網も情報網が共有される。電気を作って売り買いできる住宅や、情報端末としての自動車や家電も登場するだろう。また渋滞状況に応じて信号の点滅速度も変わり、渋滞を緩和できるようになる。電車も混雑状況に応じて、ダイヤが変わり満員電車がなくなる。より快適で、省エネルギーな街になるだろう。

まさにiCity。実は、建設中のappleの新庁舎はiCityを構想して造られていたりして。

applecampus2rendering.jpg


205X年
いずれは、街だけでなく人間もクラウドとリアルタイムで繋がるかもしれない。その名もiHuman。常に人間の脳とインターネットが共有している状態だ。なんて怖すぎか。まさしく映画”GHOST IN THE SHELL”の世界。
。。。。。

と、考えるのは自由なので、いろいろと書いてみました。これがエスカレートすると、この考えを映像化したくなるんだろう。ちょっぴり映画監督の気持ちが分かるな。

ではまた一週間がんばりましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laser27.blog105.fc2.com/tb.php/101-1d8315dd

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。