インフラ日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 質問の回答 > 大学院試験を受けるとき、学部の研究はいつから行うのか  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院試験を受けるとき、学部の研究はいつから行うのか

2013 - 03/30 [Sat] - 23:37

お久しぶりです。今年度ももう終わり。次の月曜日から社会人4年目になります。石の上にも3年。ことわざのとおり、3年はとにかく頑張った。4年目は今以上にバリューが出せたらいいなあ。

さてご質問を頂いたので回答します。遅くなり申し訳ありません。

todai.jpg


今年新領域の受験をする○○と申します。
今日コメントさせていただいたのは、学部での研究と院試勉強の両立についてインフラさんにアドバイスいただけないかとおもったからです。 いままでの私は外部の院試勉強に力をいれていたため、学部での研究を必要最低限しかしていませんでし た。しかし院試では研究計画書を書き、さらに学部時代 の研究についてもPowerPointを使ってプレゼンをする 必要があります。そこでお伺いしたいのですが、インフラさんは今頃の時期にどの程度の頻度で学部での研究をすすめていましたか。

私の場合、学部での研究の内容が、大学院での研究の内容と違うために、どれくらい学部の研究に時間をかけるべきなのか がわかりません。 できるだけ院試勉強に時間を使いたいので 、できるだけ学部での研究に時間を使いたくないと考え ているのですが、学部での研究もある程度の時間を割いた方が、他大学院にいく場合よいのでしょうか。(自大は受けないつもりです) 

お忙しいとは思いますが、時間があるときにコメン トいただけると嬉しいです。


 ●

私が学部の研究を始めたのは、大学院の試験が終わった大学4年の9月頃からでした。私が受験したとき東大の院試験には、学部時代 の研究についてプレゼンをすることはなかったので、院試が終わるまで完全無視していました。幸いにも学部の研究室も進路が決まるまで大学院の試験勉強に集中させてくれていたのがありがたかったです。

私の個人的な意見としては、自大は受けず院の研究も異なるならば、学部の研究は出来るだけ最小限(院試で概要をプレゼンできる程度)にして院試の勉強を最優先させた方がいいと思います。おそらく他の院受験生もそれほど学部の研究に力を入れているとは思えないので、プレゼンで差がつくことはないでしょう。

頑張ってください!

【参考記事】
昔書いた記事です。よかったら参考にしてください。

院試勉強法
toefl勉強法

スポンサーサイト

いつも拝見しております。


僕は4月から東大院に入学します。
学部は化学ですが、院からは物理です。


院試の前も後も、このサイトを見るのが楽しみです。
僕も将来的に米国への留学を考えています。英語は全然できないですが、研究も語学もがんばりたいと思います。

>砂糖さん

コメントありがとうございます。
今後も頻度は多くないですが、ブログを続けていくので引き続きよろしくお願いします。

お互い留学などがんばりましょう!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laser27.blog105.fc2.com/tb.php/122-29648cbc

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。