インフラ日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 就職活動 > インフラ企業に向く人・向かない人  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフラ企業に向く人・向かない人

2014 - 01/13 [Mon] - 20:14

1024-768.jpg

インフラ企業で働いて、約4年になります。4年間働きインフラ企業に向く人と向かなそうな人がなんとなく分かってきました。本エントリでは、就活の学生さんにも参考になるかと思うので、インフラ企業に向く人・向かない人について書きました(メモ程度なので内容が薄くて申し訳ないです。時間があるときに追記予定)

【向く人】
・社会貢献(公共性が高い)したい人

社会貢献度(公共性)が高い仕事をします。また大きなプロジェクトとしては、東海ならばリニア、ネクスコ中日本なら新東名等があります。余談ですが、私も大規模プロジェクトに関わり、そのプロジェクトが終わったときにOBOGを集めたことがありますが、みんな泣いてました。

・技術力を磨きたい人(技術系の場合)

発注者として計画立案、設計から施工まで携われます。設計会社だったら設計、ゼネコンだったら施工だけしか携われません。ちなみに公務員も発注者として計画立案から施工まで携わることができます。

・地図に残る仕事がしたい人
発注者として設計、工事の発注、工事の工程・品質管理、そして精算まで関わることができます。さらには、自分の手がけた構造物が自分の死んだ後も後世に残ります。まさにやりがいとはこのことでしょう。


【向かない人】
・とにかく海外の案件を行いたい人

インフラ企業の海外案件はこれからです。現在は実績もありません。入社してすぐに海外案件をしたいのなら商社や外資系の企業、エンジニアリング会社*へ行きましょう。

*エンジニアリング会社とは、産業向けの生産設備(プラント)を施工する会社です。日揮や東洋エンジニアリングが有名。土木・建築等のエンジニアリングに関わることができ、さらに入社してすぐに海外の案件に携わることができます。給料も良く、お勧めの業界です。(BtoBの業界なので、知名度は低いですが。)私も友人も入社してすぐにインドネシアに2年間駐在になりました。
このブログが分かりやすいです。 アニキの館

・多様な価値観の中で仕事をしたい人

インフラ企業は、傾向として基本は同じような価値観の人と仕事をします。
私の会社も最近は留学生も取り始めていますが、同期で3〜4名程度です。

・スピード感をもって仕事をしたい人

インフラ企業はインフラというサービスを提供する以上、とにかく「安全」である必要があります。よって、仕事ではスピードを重視というより、時間をかけて安全を検討する必要があり、スピード感をもって仕事をすることはできません。スピード感をもとめるのであれば、変化の早いインターネット業界に行きましょう。

・とにかくお金を稼ぐのが大好きな人

金融に行きましょう。

簡単ですが、以上です。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laser27.blog105.fc2.com/tb.php/142-93de50ae

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。