インフラ日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 大学院入試・研究 > 北京で国際学会に出席してきた。論文賞受賞。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京で国際学会に出席してきた。論文賞受賞。

2009 - 11/06 [Fri] - 03:04

一週間ほど前に北京から帰国した。
今回、北京には国際学会のために行ったのだが、なんと
Student Session でBest Paper Awardを頂いてしまった!
よしよし、この調子でがんばろう。このままがんばれば、学内の修士論文の優秀賞ももらえるだろうか(よくばりすぎか)

CIMG135812.jpg

CIMG0894 - コピー


▼北京のトップエリートたち
北京には10日間ほどいたが、改めて中国の経済成長の勢いを感じ、また北京大を筆頭とする中国のエリートたちと関わり(私と同じ研究室にも北京大の学生はいて、やはり優秀)、学生のレベルの高さに脱帽した。なかでもパーティの司会をしていた北京大の学生、スマートだったな。あの英語でのウィットのきいたしゃべり、機転の利いた話、コミュニケーション能力、など驚くばかり。しかも留学経験無しの若干20歳。すごいなぁ。

++++++++
20445d176f3408ca.jpg

f5b12e9f7fb14ba4.jpg

▽北京大学を散策
もともと私の研究室で準教授をされていた先生が、今は北京大の教授であるため、そのツテを利用し北京大を案内してもらう。非常に広く、歴史ある雰囲気で、歩いているだけで頭がよくなった気分(笑)

朝は校内の大きな池の周り(上記写真)で学生が英語の音読をし、授業の始まる前の朝に英語の勉強しているらしい。確かに、いるだけで気持が落ち着き、勉強したくなるような環境である。この環境で勉強している中国のエリートたちに、はたして日本は勝てるのだろうか。正直、10年後日本は中国に負けているのだろうな、と思う。だけど負けたくないな(日本のプライド)。自分はグローバルに活躍することを目指し努力しよう、そう誓う。日本の狭い国土の中で勝負する時代は終わった。これからはこういう海外のエリートたちと勝負しなければならないんだな。


▼北京の料理
毎日のように北京ダックをたべ、中華料理を堪能する。ハズレがない。どれもおいしかった。日本円で1000円あれば、腹いっぱい&ビールも結構飲める。


次回はもっと中国語を勉強して行こう。きっと次に行くときは(5年後、10年後いつか分からないが)よりいっそう発展しているのだろう。もしかしたら、日本をぬいているかもしれない。楽しみだ。

そして、明後日からインドに一週間行ってくる予定。
いろいろと勉強してきます。またインドのこともエントリします。
では。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laser27.blog105.fc2.com/tb.php/41-f3a0d5be

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。