インフラ日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 雑感 > 高速道路無料化には反対  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路無料化には反対

2010 - 08/17 [Tue] - 21:20

こんにちは。
大前研一氏のブログに以下のようなエントリがあったため、
思わず、私もエントリしてしまいました。

高速道路無料化の“内容”を理解出来ない政治家


私は、全ての高速道路を無料化にすることには反対です。
(ただ、車がほとんど通っていない一部の高速道路の無料化には賛成です。)

なぜなら、全ての高速道路を無料化にし、その管理を国がするということは、
再び”道路公団”ができるということであり、その公団による”税金”の非効率
な運用
が懸念されるからです。

なぜ、株式会社から公団になると”税金”の非効率な運用が懸念されるか、
ということですが、私は、
民営化は、その組織に”利益を上げる”というインセンティブが働くように
なるため、組織自体が”健全に且つ効率性”を重視するようになるから

だと思っています。

身近な例で例えると、私たちが、人からもらったお金は気にせず使ってしまう
のに対し、自分自身で稼いだお金は、前者よりも大切につかう、ということに
似ていると思います。

組織も同じで、組織の運営費、投資費が”税金”で国から補助されるのではなく、
民間会社として自身で”利益”をだし、それを運営費、設備の投資に当てるほう
が、より”利益を上げる”というインセンティブにつながるのは想像がつきやすい
と思います。もちろん、非営利組織が向いている組織もあると思いますが。

ここで話を戻して、道路公団民営化のメリットの一例を挙げると、
一つはSAPAの充実、
二つ目は、その利益による負債の返済

があげられると思います。

なんと民営化になり5年で、負債40兆円のうち10兆円を返済しています。
公団のままだったら5年で10兆どころか、負債は増えていたと思います。
(このような例からみても”民営化”は市場に対しても、さらにはその組織で
働く者の意識すら変えることになる、とも思います。もちろん万能薬ではない
けれど。)

いまのペースでいけば、あと15年で高速道路の負債は全て返済できます。
なので、民営化のSAPAのサービス向上に加え、負債の返済の観点から見ても
高速道路を全て無料化し、高速道路を国営にするのではなく、株式会社
のままにしておくべきだと思います。

皆さんはどう思いますか。

スポンサーサイト

もし無料化が実現していたら自動車免許持っている大人でそれまで通勤や旅行や観光などで鉄道利用していた人の多くが自動車利用するようになり、そのために鉄道経営が悪化し、鉄道新線建設計画も凍結し、
鉄道路線が全て赤字になり、廃線される、
そうなると自動車免許持ってない人や持てない人の交通手段がなくなり、大変なことになります。
それに加え、鉄道より自動車の方がCO2の排出量が圧倒的に多く、大気汚染物質も圧倒的に多いため、大気汚染は余計に悪化するので高速道路の無料化は絶対にやめるべきです。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laser27.blog105.fc2.com/tb.php/60-6a2d227d

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。