インフラ日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 就職活動 > 大学院進学を考えている方も就活をしよう  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院進学を考えている方も就活をしよう

2010 - 09/05 [Sun] - 21:35

大学三年生へ

こんばんは。今回は大学三年生を対象としたエントリをします。
特に、理系の大学生は、学部で就活をするのか、それとも大学院に進学するのか非常に悩む時期だと思います。

私の考えは、大学院を目指す方も、目指さない方と同様に就活をしたほうがいいということ。
理由は以下の三点です。


■1.就活に慣れることができ、大学院一年のときの就活の練習になる。
■2.学部時に第一志望郡に受かったら入社することができる。
■3.大学院受験の勉強は大学四年の四月からで間に合う。(注:法科大学院や、医学系は除く)


以下でそれぞれご説明します。

■1.就活に慣れることができ、大学院一年のときの就活の練習になる。

学部3年次に周りと同じように就活することで、各会社の概要、ESの書き方、自己分析の方法、面接の受け方、などを学ぶことができます。また、面接を繰り返すことで、自分自身の足りないところが見えてきます。

そのため大学院一年次の就活を早期から意識することができます。早期から就活を意識することは非常に重要です。


■2.学部時に第一志望郡に受かったら入社することができる。

学部時に第一志望郡を受けることで、二年後の大学院の就活時の準備ができます。もし受かれば儲けもの。大学院に行かずに、第一志望の企業に行きましょう。なぜなら、二年後に受かるかどうかわからないからです。特に採用人数などは景気に左右される部分もあるので。
また大学院へは、社会人になってから、社会人学生として行くことが出来ます。もしくは海外の大学院に行くのもよいでしょう。

もしくは仮に落ちてしまっても、二年後の大学院の就活時に再度受けることができます。自分がなぜ落ちたのか、どうすれば二年後に受かるのか、原因を分析し、その原因を直して、大学院で力を蓄え、再度トライすることができます。

事実、私の友人でも学部時代に落ちてしまった第一志望の企業に、大学院の就活で見事に内定を得て、その企業に就職している人もいます。また、私の友人には学部のときに就活を行っている人も少なくなく、学部のときの就活の経験を活かし、大学院の就活で内定を何個ももらっていく人も多くいます。就活は、個人の能力もあるけれど、それだけ経験の差も大きいものです。


■3.大学院受験の勉強は大学四年の四月からで間に合う。

大学院の入試は、出題される問題が決まっているため、過去問を丸暗記できるぐらいにやりこむことで、7割(合格ライン)を突破することができます。
(過去のエントリ参照)

英語、過去問収集は就活をしながらやりつつ、4月以降から本格的に過去問を解き始めれば間に合います。
(注:法科大学院や、医学系は除く)

新卒の就活は今だけです。後悔のない就活を。
以上になります。

スポンサーサイト

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

ありがとうございます。
有益な情報を提供できるようがんばります。

今後ともよろしくお願いします。

laser27

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> 4月からで間に合うのは学部によると思いますよ。
> 法科大学院などは3年からでもよほどがんばらなければ間に合いません。

コメントありがとうございます。
そうですね、学部にもよりますね。法科大学院は難しいかもしれません。
その注がぬけておりました。

訂正しておきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laser27.blog105.fc2.com/tb.php/64-e4766ff9

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。