FC2ブログ

  インフラ日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > 映画 "GHOST IN THE SHELL"を観た  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 "GHOST IN THE SHELL"を観た

2011 - 11/09 [Wed] - 22:33

10080338455.jpg

久々に衝撃の映画に出会った。
以前から観ようと思っていて、やっと観れた映画だ。
観終えた衝撃から、初めての映画に関するエントリをする。

この映画のすごいところは、公開が95年にもかかわらず現在の情報化社会の行く末を映像に落としこんでいるところだ。押尾守監督、スタッフの想像力が本当に素晴らしい。

ghost_in_the_shell.jpg


アマゾンのレビューにもあったが、今現在インターネットが浸透してかなり情報の共有化が進んできて、常に情報を共有できるようになった。

そのためのディバイスはどんどん進化し、小型していく。今現在はiphoneのような携帯だが、いずれそのデバイスも自分の一部になって内蔵された外部記憶装置に頼るようになり、自分の脳とそういうデバイスとの境目があいまいになっていく。

例えば、眼に小型デバイスを埋め込み、眼に映る情報がまるでiphoneのアプリの世界カメラのように表示されることも可能だ。もしくは自分の脳に外部記憶装置を埋め込み、常にインターネットと接続するようなことも可能だと思う。

そうすると、自分の思考と外部の情報も区別がなくなり、インターネットと接続すると同時に自分の存在自体も社会に共有化されていくのだろう。もちろん、他人からも自分にアクセスが可能だ。

この映画の主人公は、自身の思考と外部の情報との区別がなくなり、一体自分の思考はどこからきているのか、と悩んでいた。近い将来、私たちにも近い状況がくるかもしれない。

また音楽や映像もよく、ストーリだけでなく映画の作品としてもピカイチ。押井守監督の才能あふれる作品である。


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laser27.blog105.fc2.com/tb.php/87-19810cdc

 | HOME | 

プロフィール

hisa27

Author:hisa27
インフラ業界で働く
社会人5年目。
発展途上国にインフラを造り、エンジニアとして関わり途上国の発展に貢献したいという想いで日々働く。将来は、「土木×経営(MBA)」という切り口から、日本の技術を国際社会に広めたい。

■学生時代の活動は
こちら

■ツイッターアカウント
気軽にフォローしてください!!
https://twitter.com/Hisa27

■連絡用アドレス
コメント以外でご連絡いただける方は、以下のアドレスにお願い致します。なお、ご質問の回答はブログで致します。あらかじめご了承ください。
infra.journal[アット]gmail.com
[アット]を@に変えてご連絡ください。

コメント・リンク大歓迎です!
↓ブログ参考になりましたら、ポチっとお願い致します



にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


トータル閲覧数

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。